キナ臭いアナウンサーNo.1

羽鳥慎一、バーニングに消された“不倫乗り換え”疑惑……テレ朝関係者は激怒

hatori_hero.jpg
「ヒーロー/明日へ」/Dreamusic

 フリーアナウンサー・羽鳥慎一の再婚が、9日付のスポーツ各紙で報じられた。お相手は、かねてから伝えられていた『ファースト・クラス』(フジテレビ系)などを手がける脚本家・渡辺千穂氏で、8月の時点で入籍していたという。翌10日放送の『モーニングバード!』(テレビ朝日系)生放送でも、羽鳥は「引き続き静かにがんばります」とコメントしてスタジオの笑いを誘っていたものだが、その裏でテレ朝内からは、戸惑いや怒りの声が聞こえているのだという。

 羽鳥は2012年5月、元妻であるアロマセラピーインストラクター・羽鳥冬子さんとの離婚を報告している。原因については「多忙でのすれ違い」としていたが、1年後の13年5月には、今回と同じようにスポーツ各紙で渡辺氏との交際が伝えられた。

「その直後、実は羽鳥が離婚前から渡辺氏と交際していたのではと、『フライデー』(講談社)が報じました。スポーツ紙の報道は、不倫疑惑と報じられる前に、羽鳥サイドが“先手”を打ったとみられています」(週刊誌記者)

 そこからさらに1年以上が経過し、ほとぼりが冷めてから再婚を発表という流れだろうか。

「この再婚発表については、テレ朝関係者でさえ完全に置いてけぼり状態だったんです。現在所属している宮根誠司のプロダクションに移籍して以降、彼のマネジメントは完全にバーニング任せですから」(同)

 古巣である日本テレビ退所後、羽鳥の新プロダクションとの契約や、離婚時のメディア報道については、“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションが統制していた。今回の再婚に関しても、 “B担”と呼ばれるスポーツ紙記者たちが、同社から極秘の招集を受けていたのだという。

「土曜日にバーニング幹部から羽鳥再婚の説明を受けて、日曜日には一斉に報道が出ました。ところがテレ朝には何の情報も降りてこず、羽鳥側のスタッフも『とりあえず触れないで』という対応。自社で冠番組を持つキャスターのビッグニュースに、報道どころか取材さえできないなんてと、スタッフは怒りを露わにしていましたよ」(テレ朝関係者)

 こうした情報操作の甲斐あってか、羽鳥のスキャンダルな“不倫乗り換え疑惑”はほぼ封じられたことになった。なお冬子さんは元夫の再婚報告について、オフィシャルブログでは一切コメントをしていない。当然離婚に際しては、渡辺氏の存在さえ知らされていなかったというが、苗字を旧姓に戻すことなく沈黙を貫く彼女は、今回の“仕組まれた再婚報告”に何を思うのか――。

羽鳥姓にしがみつく元妻の商魂が一番ホラー

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!