本人も「責任はアタシにあります」発言

ナチスを連想させるN・ミナージュの新曲MV、米最大のユダヤ人団体が声明を発表する事態に!

NickiMinaj05.jpg
人生順風満帆で配慮が足りなくなっちゃった?

 今、最も勢いのある女性ラッパー、ニッキー・ミナージュ。巨尻をぶりぶり振りまくった「Anaconda(アナコンダ)」のミュージックビデオ(以下、MV)が、「下品すぎる」「こういうMVのせいで女性が軽く見られることになる」とバッシングの対象となったばかりだが、本人は「自慢の巨尻だし」と余裕しゃくしゃく。ドレイクとヤリまくっているというウワサや巨尻整形疑惑噴出もなんのそので、ドヤ顔を崩さず、行く先々でダイナマイトボディをひけらかしてきた。

 しかし、そんなニッキーも次から次へと噴き出してくる根も葉もないウワサには心底ムカついていたようで、10月28日にリリースしたニューシングル「Only」では、「(リル・)ウェインとファックしたことないし/ドレイクともファックしたことないし」「ケツがフェイクとか心配だってぇ!?」と、アンチやゴシッパーをディスりまくり。このシングルは、12月に発売予定のサードアルバム『The Pink Print』に収録されている曲で、クリス・ブラウンやドレイク、リル・ウェインがフィーチャリングされているハードコアな作品。シングルのカバーはアメコミ風に描かれた、スーツ姿のリル・ウェイン、司祭のドレイク、サングラスにピチピチのボディスーツを着たニッキーの絵で、ダークな雰囲気を漂わせている。

 ビルボードホット100では初登場54位、デジタル・ソング・チャートでは初週6位で7万6,000ダウンロードとイマイチな「Only」だが、ここにきて大きな注目を集めている。先日公開されたアニメーションタッチのMVが、悪名高きナチス・ドイツを連想させる仕上がりとなっているからだ。

 問題となっている「Only」のMVは、赤地に白い円を描き、その中に「YM」と書かれた巨大な旗を左右に垂らした舞台で、黒のボディスーツにサングラスをかけたニッキーがイスに座り、両端には悪魔崇拝者をイメージさせるようなフード付きの黒いガウンをかぶった男2人が立つ、というシーンからスタートする。ニッキーの前には大勢の兵士たちが立ち並んでおり、戦車なども並べられているレッドカーペットをニッキーは巨尻と巨乳を揺らしながら歩いていく。

 クリスはナチス親衛隊を連想させるような軍服を着ており、ドレイクは司祭、ウェインはスーツ姿で登場。「赤地に白い円、その中に逆卍を描いたナチス・ドイツの国旗」をパクったとしか思えない“YMの旗”が頻繁にフラッシュされる。ちなみに、「YM」はリルが立ち上げたレーベルでニッキーが所属している、ヤング・マネー・エンターテインメントのことだ。

 MV後半には戦車が発砲したり、戦闘機が飛び交ったり、ミサイルが飛んできて街を破壊したりというシーンが登場し、ガスマスクもフラッシュされる。「Only」自体はシンプルなビートにハードコアなリリックという、特に珍しくない作品なのだが、このMVには「最初から最後まで、独裁者アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツを連想させる」「ユダヤ人を侮辱している。神経を逆なでするような、常識を疑うような作品」という批判の声が殺到。Twitterなどを中心にバッシングの嵐が巻き起こった。

デカ尻が通じない世界を敵に回してしまったニッキー……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ナチスを連想させるN・ミナージュの新曲MV、米最大のユダヤ人団体が声明を発表する事態に!のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! セレブ・ニッキー・ミナージュのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  7. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  8. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  9. “ふっくらもち肌”は1分間だけ、イソフラボン配合の「なめらか本舗」【本当はヤバい洗顔料】
  10. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  11. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  14. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!
  15. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  16. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  17. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  18. 塀の中でもクスリの乱用はアリ?
  19. プウ美ねえさん流体重キープ術
  20. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  5. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参