ざわちんのアイメイクに隠された秘密とは? ハードながっつりメイクを制する秘密

Zawablog.jpg
ざわちん公式ブログより

 みなさーん、まつ毛は元気ですかー? 日頃つけまつ毛、まつエク、そしてマスカラでいじめられている私たちの自まつ毛は、実は結構痛んでいることを知っていますか? つけまつ毛&まつエクは、接着剤が赤ちゃんまつ毛を刺激するため負担になっていますし、着けたまつげを剥がすときに自まつ毛まで一緒に抜けてしまったり、マスカラだって化粧を落とすときに目もとやまつ毛をこすることで、自まつ毛を弱らせる原因になったりしています。ただでさえ、体調にも影響されて抜けやすくなってしまうほど敏感な私たちのまつ毛ですが、こうしてなんのケアもしなければ自まつ毛は弱り、細くなり、少なくなっていく一方。

 最近はそんな自まつ毛のケアをしてくれる美容液がいろいろと発売されていますが、その中でも非常に説得力のあるまつ毛美容液を発見しました。大活躍中の“ものまねファンタジスタ”ざわちんもおすすめする「ディー・ラベッラ・エターナル・アイラッシュ」です。

 素人目に見てもハードなメイクを繰り返しているのがわかるざわちん。まつ毛にもさぞ負担がかかっているに違いありません。しかしこの「ディー・ラベッラ・エターナル・アイラッシュ」をメイク前後に塗るようにしたら、まつ毛の痛みを気にせずにがっつりとメイクを落とすのも怖くなくなったそう。

airassyu.jpg

 このアイラッシュには、密度のあるまつ毛を育ててくれるアセラルテトラペプチド−3、まぶたに潤いを与えてくれるヒアルロン酸Na、いきいきしたまつ毛を作るセンブリエキス、まつ毛にハリとコシを与える加水分解シルク、そして自まつ毛をキープしてくれるパンテノールといった成分がたっぷり配合されているため、自まつ毛を修復し、新たなまつ毛の育毛もしてくれるんだとか。

 また、マスカラ形状のブラシでとっても使いやすいから、まつ毛の生え際の皮膚にもブラシが届き、根元までしっかり美容成分を塗ることができそうです。まつ毛のカールに合わせてブラシがフィットするのも、毛の先端までしっかりカバーできてうれしいところ。さらに、1本1本に細かく塗ることのできる特殊構造なので、下まつ毛にもピンポイントで塗れちゃうんだとか。しかも、美容液自体は無色透明なので、マスカラ、つけまつ毛、まつエク、まつパの上からでもばっちり使えます。場面を選ばず使えるから、とても便利ですね。

 実際の利用者からも「このまつ毛美容液、2日で効果が現われて、もうまつ毛エクステ、しなくてもいいんじゃないかっという勢いです」(20代主婦)「使い始めて3日。使ってることは言ってないのに一番仲の良い友達に『あれ? まつげ伸びた?』と言われました」(10代学生)「ざわちんオススメなだけあります! まつ毛が短い私でも数日使っただけで、もうマツエク行かなくてもいいかなって思えるくらい」(10代学生)と喜びの声が上がっています。

 「ディー・ラベッラ・エターナル・アイラッシュ」はドンキホーテやLOFTでも絶賛発売中だそう。1本通常価格2,551円(税込)のところを、いまなら期間限定で1,200円(税込)でお試しできるんだとか。しっかりした濃さで長くて美しいまつ毛を手に入れて、ざわちんのようにさらにメイクを楽しんでみませんか?

ディー・ラベッラ・エターナル・アイラッシュ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー