打ち切りまで待ったなし!?

枡田絵理奈アナ、異例の結婚生報告30分! 視聴率大爆死『いっぷく!』の苦肉の策か

20141106masuda.jpg
TBSアナウンサーオフィシャルサイトアナウンスBoo!!より

 TBSの人気アナウンサー・枡田絵理奈が、プロ野球・広島東洋カープの堂林翔太選手と年内に結婚することが、6日放送の『いっぷく!』(TBS系)で大々的に取り上げられた。同日付の「日刊スポーツ」一面記事を紹介する形で、さながら即席の「結婚報告会見」となったが、この扱いは同番組の低視聴率に苦しむTBSの“苦肉の策”といえるようだ。

「オリコンの2014年『好きな女子アナランキング』ランキングでは8位と、TBSでは唯一ランキング入りした枡田。学生時代はタレントとしても活動し、“マスパン”の愛称で親しまれる人気女子アナだけに、ネット上では男性ファンから『今年1番のショック』などの声が。またカープ随一のイケメン内野手である堂林に対しても、カープ女子からの悲痛な声が見受けられ、ファン離れが懸念されます」(芸能ライター)

 番組冒頭ではMCのTOKIO・国分太一が「どえらいニュースが入ってきました!」として、枡田の結婚報道を紹介。「正直怪しいと思うことは、いくらでもありました」などとレポーターよろしく、交際の進捗からプロポーズの言葉、お互いの呼び方など次々と質問を浴びせていた。

「美男美女かつ女子アナ&アスリートという話題性満点の夫婦ですが、一社員である枡田の結婚を、番組総出で30分もの長尺で祝福したことは疑問ですね。近頃は視聴率が常時2%台とジリ貧状態の『いっぷく!』だけに、こうした話題作りも仕方ない話なのかもしれませんが」(週刊誌記者)

 18年続いた長寿番組『はなまるマーケット』の後を継ぎ、今年4月にスタートした『いっぷく!』だが、放送前から一部メディアでは、ジャニーズ事務所をめぐる“内紛”説まで飛び出していた。

「同時間帯に放送されているNHK『あさイチ』で、V6・井ノ原快彦がMCを務めていることから、テレビ業界、特にジャニーズではタブーとされる“裏かぶり”状態になってしまうと騒がれていました。先輩である国分を立てるため、『あさイチ』の放送時間変更説までささやかれたほどです」(同)

 しかしフタを開けてみれば、常に2ケタをキープする『あさイチ』に対して、『いっぷく』の視聴率は1ケタ台前半と低迷するばかり。そこで9月29日放送からは、国分がスーツ着用に変わりニュースを多く取り上げるなど、“硬派路線”へのテコ入れも図っていたが、放送開始からわずか半年でのリニューアルは、「ジリ貧状態であることを自ら露呈しているのと同じ」(同)だという。

「やはり、業界の禁じ手を通してまでスタートした目玉番組とあって、局や制作もいよいよなりふり構っていられなくなったのでしょう。同じアナウンサーの結婚では、9月に同期同士で入籍したフジテレビの生野陽子と中村光宏も、担当番組である『めざましテレビ』で結婚を2ショット生報告。視聴者からは『たかが一社員の結婚なのに』と批判が出ていました」(前出・ライター)

 こうして枡田の結婚ニュースに、見事“乗っかる”ことに成功した『いっぷく!』。しかし彼女が新婚となった直後、番組打ち切りという悲惨な結末となってしまわなければいいものだが。

あたちはカープ女子の亡骸を拾いに行くわ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク