しいちゃんの芸能解説講座【裏】

内田裕也が高畑淳子に激怒、みのもんたはアイドルファン「気持ち悪い」! 怒るオジサンたち

uchidayuya0103.jpg
昔のことを怒り出すのは典型的な老いの兆候!

編集S はぁん、おでんと熱燗が愛おしい季節が到来ね……。また今年も私は一人ぼっちだけど、誰にも迷惑かけずに生きてるだけ偉いのかも。だって、また大騒ぎオジサンこと内田裕也が高畑淳子に噛み付いたんでしょ?

しいちゃん そうそう、2日に公式Twitterで秋の紫綬褒章について言及したの。サザンオールスターズの桑田佳祐の受賞については、「当然だ。ピースとハイライトは素晴らしいチャレンジだった。あのサザンがこの曲を日本のロックに一石を投じたと気分よかった」と讃えたものの、「同時に授賞?高畑ナントカという女優」と切り出した。なんでも、内田が出演した1981年の日活ロマンポルノ作品『鳴呼!おんなたち猥歌』で、高畑はクランクイン前日にドタキャン。撮影中止に追い込まれそうになり、急遽、新人の中村れい子が代役に決定したのだそう。「怒りは未だに収まらない。謝罪もない。ロマンポルノをなめているのか!そんな女優に紫綬褒章!?一体誰が選考するんだ!?フザケスギテイル。お幸せに!ROCK’N ROLL!内田裕也」だって。高畑は脱ぐのが嫌でドタキャンしたらしいよ。

編集S 「フザケスギテイル」ってウケるわね。でも、オシャレ雑誌「BRUTUS」(マガジンハウス)あたりがしれっと使いそうじゃない? 「フザケスギテイル葛飾北斎」とか特集しそう。ま、話が反れちゃったけど、内田のほうがよほどフザケスギテイル言動が多いよね。

しいちゃん 95年に娘・也哉子と本木雅弘が結婚して、3階建ての二世帯住宅を新築した際は、ずっと別居していた内田が夜な夜なやって来て家の外で「ファックユー、おれはどうなるんだあ」と叫んだり、11年には、元交際相手に復縁を迫って彼女の留守中にウ○コを擦りつけた下着を脱ぎ散らかすなどし、強要未遂と住居侵入の疑いで警視庁原宿署に逮捕されたり、その他奇行エピソードには枚挙にいとまがないわね。ネットでも、「30年以上前のことをネチネチと」「ただの私怨」「嫉妬」と内田を揶揄する声が多い。その一方で、内田は置いといて、「実際なんで高畑さんが?」「高畑さんは受賞に値するような人とは思えない」と高畑の受賞に疑問を感じている人も少なからずいるわね。

編集S でも2回の離婚歴をもつ高畑さんに紫綬褒章をあげると国もロックじゃんね~。ま、そもそも「紫綬褒章」がなにかわかってないけど。

しいちゃん 紫綬褒章は、春と秋に学術、芸術、スポーツ分野の功労者に授与されるもの。谷亮子(2003)、吉田沙保里(04)、羽生結弦(14)ももらってるし、芸能人では桃井かおり(08)、柄本明(11)、松任谷由実(13)、内田の妻の樹木希林(08年)ももらってる。結構幅広い。

編集S ふーん、イマイチありがたみがわからないね。内田もケチつけることがロックだと思ってるのかしら。

しいちゃん ケチつけるといえば、伊集院光も、3日放送のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ系)で、ハロウィンに物申してた。東京・渋谷に仮装した人が大挙して大騒ぎになったことを受けて、「ハロウィンでワーワー騒いでてさ、こっち側はやることなんて家で体育座りして膝なめてしょっぱいと思うくらいが関の山ですから、関の山のこっち側からしてみたらイラつくんですけど」「渋谷のセンター街で『今、これ超ウケるんじゃねえの』って言って、日本エレキテル連合の仮装してるヤツ。俺が一番友達になれないタイプ。『カボチャとかじゃないよね。かといって、ゾンビみたいなのより、もう1つ、センスあるヤツやらない?』ってことになって、日本エレキテル連合の格好に落ち着き、渋谷に繰り出す。その感じは、なんでしょうね、あれは。かまぼこの板をぶつけてやればいいですよね」と主張してた

編集S その、いかにもセンスあること言ってる感じ、なんでしょうね、それは。私はね、ある年に突然「あ、ハロウィンって一般の人にとってのジャニーズカウントダウンコンサートなんだ!」って思ってから、心から温かい目で見られるようになったわよ。

しいちゃん その解釈も相当おかしいけどね。ちなみに、伊集院が「ハロウィン」の存在を知ったのは、『早見優のアメリカンキッズ』(88~94年、中京テレビ・日本テレビ系で放送)だって。

編集S ああ、わかる、わかるけどもういいよ、それ。

しいちゃん オジサンはね、一言噛み付きたくなっちゃう生き物なの。みのもんたも、14年11月1日付け「アサ芸プラス」で、今のアイドルとそのファンに苦言を呈してる。いわく「申し訳ないけど、今のアイドルたちは八百屋に並んでいる野菜みたいだよね。こんなこと言うと、またネットで『みの、ふざけんな』とか叩くヤツも現れるんだろうから言っておくけど、昔のアイドルも野菜だったよ。ただし、皆、ピカイチのトマトやキャベツだった。わかるかな? 今のアイドルはゴロゴロ並んでるだけ、本当のアイドルとは思えないんだよね。それに夢中になっているファンも大人の男が多いときてる。秋葉原のメイド喫茶とか『お散歩JK』とかでニヤニヤしてるヤツらと同じだよね。正直、気持ち悪い! ゆがんだ性欲の形としか思えない。もっと大人の世界を知れよ、楽しめよ」って。

編集S ハイハイ、みのの「大人の世界」って、銀座で豪遊でしょ。今、そういう時代じゃないから。

しいちゃん みの自身が言うように、ネットでは「誰かを批判できるような立場にない」「お前よりマシ」「時代錯誤」「老害」「一理あるけどお前が言うな」とコテンパン。でも庶民のそんな声にへこたれるみのじゃないのよ。芸能記者サンいわく、「みのは、10月24日に開かれた古希の祝いの会見で『国を動かす番組をやりたい』と発言していましたが、実際にずいぶん前からテレビ各局の上層部に『報道番組の司会を』と働きかけています。ネットユーザーがたびたび蒸し返している女子アナへのセクハラ疑惑なんて、みのにとっては大した問題じゃありません。昭和のオジサンの感覚の持ち主なんですよ」って。しぶといわよ、みのは!

編集S 本物のオジサンはもうあきらめの境地なんだけど、厄介なのは20~30代なのにオジサンな価値観を持ってる男なのよね。ああ~、現実が苦しい。やっぱり今夜も一人でおでん食べるわ~。

まーたこういうオジサンが長生きするんだわ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー