噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第244回】

川崎麻世の「妊娠」愛人ポイ捨て騒動に見る、愛人・妻の“同情”と“芝居”

kawasakimayo1104.jpg
「女性自身」11月18日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 今週の「フライデー」(講談社)がスゴい。先頃結婚したばかりの伊藤英明がハワイで衝撃の3P! しかも袋とじ写真には、伊藤のお尻が写り、そのちょうど前あたりで女性が……。リークしたのはもちろん誰だかすぐわかるよね。

第243回(10/30~4発売号より)
1位「川崎麻世 『妊娠』告げた不倫愛人を“ポイ捨て”逃走の下劣!」(「女性自身」11月18日号)
2位「ジャニーズ都市伝説25」(「週刊女性」11月18日号)
3位「酒井法子 『ASKAさん、負けないで!』本誌に直言“先輩”への『覚せい剤克服エール』」(「女性自身」11月18日号)

 いやはや、久々にかなり面白いスキャンダル記事だった。「自身」が報じた川崎麻世の不倫&妊娠スキャンダル。いやスキャンダル自体もまあスゴいけど、もっと面白いのが直撃を受けた麻世、愛人、そして妻・カイヤという“3人の当事者”たちの反応である。

 スキャンダルの内容は、カイヤとすでに別居14年目になるという麻世の浮気話だ。何度も自宅マンションで34歳の女性とお泊まり不倫をしていた麻世だが、この女性が妊娠してしまったらしい。それを聞いた麻世は、当初「産んでくれ。カイヤと別れて君と結婚する」と言ったが、次第に態度が冷たくなったという、“麻世の知人”のコメントで主に構成された記事である。

 そこでまず「自身」は麻世に直撃! 激しく動揺した麻世は「ハメられてる」と震えたらしい。さらに「策略だったら許さない!」と記者に恫喝さえしたのだ。そして仰天&笑えるのが、麻世は「自身」直撃の際、前夜からお泊まりしていた“別の女性”と一緒だったこと。記者も驚いたというが、そりゃそうだ(笑)。

 そして愛人女性は記者の取材に「川崎さんの言うことがすべてです……」といかにも用意してきたかのようなコメントを話し、そのまま泣き崩れたという。麻世よりよっぽど役者である。

 そして最後がカイヤ。これがさらに強烈である。「自身」の要請に対し、自宅近くの喫茶店で取材に応じたカイヤ。何しろ飛び出したのが愛人女性への“同情”だったからだ。

「“ああ、私と同じ経験をしたんだな”って思いました。私、泣いちゃったよ、その女性のために……」

 さすが麻世の本質を最も知る女だ。さらにカイヤは自身が最初の子どもを妊娠した際に、麻世から「俺の子じゃない」と言われた過去も開陳、「男らしく『自分が責任とります』って言うべきでしょ」と麻世を責めるのだ。

 カイヤは事前に(直撃を受けた)麻世から、「彼女とは付き合ってないし、『彼女はお金が目当てで子供ができたと言ってる』」と聞かされていたらしいが、そんな夫の言葉を全然信じず、むしろ愛人の話を信じているようなのだ。

 麻世、本当にダメ男。だからカイヤにも浮気されるし、愛人にも“告発(?)”される。それだけでなく、どうやら2人の子どもたちからもすでに見捨てられている様子なのだ。こんな情けないトホホなスキャンダル劇はめったにないだろう。

 最後にもう1つ、記事には興味深い写真が掲載されている。それは記者が麻世に直撃した際の写真だ。こういった場合、普通は記者が写り込んだものを使用することは滅多にないが、今回は事情があった。妊娠した愛人とは別の女性が立ち去る様子が捉えられていたから。だが、面白いのはそこではない。面白いのは写真に大きく写っている、麻世に直撃する記者の姿だ。少し腰が引けた姿勢で、なんだか非常に丁寧に質問しているように見えるから。

 世間は「記者は常に高圧的に取材する」というイメージを持っているかもしれない。しかし、実はそうでもない。記者にもいろいろいる。この記事を担当したのは、結構礼儀正しい記者だと思う(たぶん)。そして逆上した麻世に恫喝された――。

ケジメなさいよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク