[ジャニーズ・メディアの裏側]

アイドル誌関係者に聞いた、「取材しづらいジャニーズ」と「全員が惚れるジャニーズ」

humatan.jpg
あらあら、そんな威張りん坊の顔しないで!

 雑誌やテレビで見ない日がないジャニーズタレントたち。多忙を極めるスケジュールだけに、現場には多くのスタッフが関わっている。そこで、マスコミが取材で気を使うジャニーズと、取材しやすいジャニーズについて、現場で接触している関係者に聞いてみた。

 「ちょっと取材しづらいな……」と複数の人から名前が挙がったのが、この秋からロケ先でゲストをおもてなしする番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)がスタートしたKinKi Kids。

「取材でもおもてなししてほしいと思うぐらい、ピリついた雰囲気です。インタビューでは2人が目を合わせることはありませんし、写真撮影でも笑顔は皆無。“俺たちは笑顔を振りまくアイドルじゃない”という意識が強いみたいで……。毎回表紙で使う写真には苦戦していますね。口角が少しでも上がっている写真があったら、ラッキーという感じです」(テレビ誌編集者)

 マイペースな2人だけに、出来上がりが良ければ、それでよいのかも? そして、同じグループでも評価が分かれたのはSexy Zone。

「(菊池)風磨くんは尖っているので、気分にムラがありますね。“アイドルっぽいのが嫌”という雰囲気をたまに出してくるので、アイドル誌での撮影では苦労します。5人の時は(松島)聡くんと談笑する姿も多かったんですけど、3人になってからは気の合うメンバーがいないのか、気を使いますね。逆に(中島)健人くんはテレビのまんま。少しでも大きく扱ってもらおうと、見出しになる台詞を言ってくれますし、決め顔をどんどんやってくれるので取材しやすいですね」(アイドル誌ライター)

 好対照のキャラクターだからこそ、シンメとしては魅力的かも? また会った人は全員が惚れるというのが、TOKIO・松岡昌宏だという。

「とにかく気配りの人。グループで取材する時は、絶妙なタイミングでボケたりして場を和ませますし、スタッフや共演者の誕生日には、サプライズでプレゼントを用意してくれたりします。しかもそれを嫌みなく、スマートにやるんですよね。米倉涼子さんをはじめ、『相手がいないなら結婚しよう』と逆プロポーズしてくる女優さんも多いそうですよ」(情報番組スタッフ)

 ジャニーズタレントといっても、その評判は人それぞれ。対応が悪くても彼らのようにイケメンなら、思わず関係者も許してしまうのかも?

ん? ヒロシがべた惚れに入ってないぞ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  4. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  5. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  6. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  7. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  8. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  9. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  10. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  11. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  12. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  13. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  14. 城島の「柿」ダジャレに苦笑、国分の自虐にツッコミ! 『鉄腕!DASH!!』の山口達也は大変だ
  15. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  18. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  19. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  20. 「平凡ブルータス」、ジャニファンからツッコミ

ジャニーズの人気記事

  1. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  2. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  3. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!