[女性誌速攻レビュー]「ar」11月号

女目線と男目線を器用に使い分ける、「ar」のバランス感覚

ar1411.jpg
「ar」2014年11月号(主婦と生活社)

 「雌ガール」や「おフェロ」といった声に出して読みたくないコピーが目立ち、本気でモテる気があるのかいまいち不明だったビューティ&ファッション誌「ar」。しかし、今月号ではまじめに男目線を意識しだしたようです! 「男子はやっぱりデニムがスキ(らしい!)」というページは、女性誌にありがちな、男の意見を聞いてみる企画。男は女性のどんなデニムスタイルが好きなのか、どこに魅力を感じているのか、勝手なことを言いまくっています。いわく、「やらしくない色気がある」「清楚感があるけど、アクティブな感じ」「コンサバではないお姉さん感」「ボーイッシュ感があるのにSEXY」「ヒップラインが出るけど下品な感じがしない」……と「○○なのに××」ばかりで、とんちをふっかけられている一休さんの気持ちになりました。

 さらに、「デニムが似合うオンナ」のイメージについては、「仕事も遊びも、ライフスタイルが充実している、自立した女性」「自立したオンナ、カッコいいオンナ、スタイルのいいオンナ」と、たかがデニムにずいぶんとハードルを上げられてしまいました。パッと頭に浮かんだイメージは浅野ゆう子なんですが、合ってます? ていうかですね、そもそもデニム(つか、ジーパン)って「あー、今日は洋服選ぶのめんどくせ」というときにはくモンじゃないんですか? たぶん大半の女性はそうだと思うので、デニムに過剰な理想や夢をねじ込むのはやめてください!

<トピック>
◎男子はやっぱりデニムがスキ(らしい!)
◎雄ボーイ、僕が恋する雌ガール
◎モテていいならロングにすべし!

■「雄ボーイ」は、根付かなそうな予感しかない

 「ar」の男目線はこれだけじゃありません。「雄ボーイ、僕が恋する雌ガール」という新連載が始まりました。この企画は、「男性が実際に雌ガールに求めるものは?」を、雄ボーイ、つまり男性に聞くというもの。今回は、コスメブランド「THREE」の雄ボーイ34歳が登場。「ar」と汐留の広告会社で発足した「美.ラボ」なるチームのコラボ企画だそうで、半分は「THREE」のPRになっているのですが、「メイクに関しては、やっぱりナチュラルな雰囲気」「自然体でいられる自信の表れ」「髪は黒髪で肩にかかるくらい」「ファッションは、パンツにジャケットとかベーシックな感じ」「身長165cm以上!」「全体の雰囲気でいうと、水原希子ちゃんみたいな!」といった、その雄ボーイの個人的な好みがチョイチョイ挟まれています。

男は黙って浅野ゆう子!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!