[女性誌速攻レビュー]「ar」11月号

女目線と男目線を器用に使い分ける、「ar」のバランス感覚

ar1411.jpg
「ar」2014年11月号(主婦と生活社)

 「雌ガール」や「おフェロ」といった声に出して読みたくないコピーが目立ち、本気でモテる気があるのかいまいち不明だったビューティ&ファッション誌「ar」。しかし、今月号ではまじめに男目線を意識しだしたようです! 「男子はやっぱりデニムがスキ(らしい!)」というページは、女性誌にありがちな、男の意見を聞いてみる企画。男は女性のどんなデニムスタイルが好きなのか、どこに魅力を感じているのか、勝手なことを言いまくっています。いわく、「やらしくない色気がある」「清楚感があるけど、アクティブな感じ」「コンサバではないお姉さん感」「ボーイッシュ感があるのにSEXY」「ヒップラインが出るけど下品な感じがしない」……と「○○なのに××」ばかりで、とんちをふっかけられている一休さんの気持ちになりました。

 さらに、「デニムが似合うオンナ」のイメージについては、「仕事も遊びも、ライフスタイルが充実している、自立した女性」「自立したオンナ、カッコいいオンナ、スタイルのいいオンナ」と、たかがデニムにずいぶんとハードルを上げられてしまいました。パッと頭に浮かんだイメージは浅野ゆう子なんですが、合ってます? ていうかですね、そもそもデニム(つか、ジーパン)って「あー、今日は洋服選ぶのめんどくせ」というときにはくモンじゃないんですか? たぶん大半の女性はそうだと思うので、デニムに過剰な理想や夢をねじ込むのはやめてください!

<トピック>
◎男子はやっぱりデニムがスキ(らしい!)
◎雄ボーイ、僕が恋する雌ガール
◎モテていいならロングにすべし!

■「雄ボーイ」は、根付かなそうな予感しかない

 「ar」の男目線はこれだけじゃありません。「雄ボーイ、僕が恋する雌ガール」という新連載が始まりました。この企画は、「男性が実際に雌ガールに求めるものは?」を、雄ボーイ、つまり男性に聞くというもの。今回は、コスメブランド「THREE」の雄ボーイ34歳が登場。「ar」と汐留の広告会社で発足した「美.ラボ」なるチームのコラボ企画だそうで、半分は「THREE」のPRになっているのですが、「メイクに関しては、やっぱりナチュラルな雰囲気」「自然体でいられる自信の表れ」「髪は黒髪で肩にかかるくらい」「ファッションは、パンツにジャケットとかベーシックな感じ」「身長165cm以上!」「全体の雰囲気でいうと、水原希子ちゃんみたいな!」といった、その雄ボーイの個人的な好みがチョイチョイ挟まれています。

男は黙って浅野ゆう子!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク