サロンより安く、マニキュアより綺麗! 鈴木えみがハマった最新型ネイルとは?

emi 200.jpg

 日々変わっていくネイルの流行。ゴテゴテアートが流行っていた時期があったなんてもう忘れ去られそうなほど、近頃はショートでシンプルなジェルネイルが人気です。しかしいくらシンプルと言っても、ネイルサロンでジェルをするのには1回1万円弱かかり、かつオフから始めれば2時間半近い時間拘束されます。この出費と時間は結構面倒くさいもの。かといってセルフのマニキュアはうまく塗れなかったり、すぐ剥がれてしまったり、何よりツヤが出なくて不満……。もっと手軽でカンタンにジェルのようなきれいなつやつやネイルをゲットできる方法はないかと探していたところ、気になるアイテムを見つけました! あの鈴木えみがプッシュしている、「ジェルポリッシュセット」です。

 「VOGUE」(コンデナント・パブリケーションズ)「Numero」(扶桑社)「WWD」(INFASパブリケーションズ)「NYLON」(カエルム)といった日本を代表するファッションメディアにも取り上げられ、今話題となっているらしいこのアイテム。要はセルフジェルキットなのですが、これまでのセルフジェルキットと違うのはとにかくカンタンで最小限の道具で済むこと、そしてツヤと持ちが圧倒的にいいこと。爪を削る必要がなく、未硬化ジェルの拭き取りも不要なため、爪に健康な上にとってもスピーディー。乾きが早いのに(なんとベース・カラーで10秒、トップコートで20秒とのこと! サロンと比べても早すぎ!)、2週間から3週間も持つんです。

suzukiemi02.jpg
鈴木えみ公式ブログより

 そして付け替え時のオフもとてもカンタン。家で手軽にできる上にこんなに手軽だなんて……マニキュアとサロンジェルのいいとこ取りという感じでしょうか。しかも、青色LEDで世界最大手の日亜科学工業(ノーベル賞受賞・中村修二氏輩出)のLEDチップを使用したポータブルライトもペン型でとても小型なため、必要なセット用品全部がコスメポーチに収まってしまいます。これまでのセルフジェルネイルキットは必要な道具が多く、とっても場所を取っていましたもんね……。時代の進化を感じます。

 手のネイルだけでなく、手よりさらに剥がれやすいフットネイルや、普段はサロン派の人でも少しお直ししたいときなどにもとても便利そうな「ジェルポリッシュセット」。鈴木えみのブログを見ても、いろいろな楽しみ方をしている様子が伝わってきます。もしかしたらこれからは「ジェルポリッシュ」の時代……!? 流行に敏感な女性は、今から試しておいて損はないかも!

ジェルポリッシュ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー