今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

EXILE主演ドラマ『ビンタ!』でわかった、主演に求められる最低限のこと

bintamain.jpg
『ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~』(日本テレビ系)公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎鼻呼吸に切り替えよう
 「EXILEだから」という以外に、1つも出演の理由が見つからない、深夜のザイル枠ドラマと言ってしまえばそれまでだが。『ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~』(日本テレビ系)ねぇ。主演の松本利夫が画面に映った瞬間、「主演をやる器ではない」という分不相応が、脳を直撃する作品である。ジャジャーンという盛り上げのBGMで、節々でアップになる松本利夫の顔、何かハタ坊みたいなんだもの。しかも、セリフ言ってないとき、結構な頻度で口あけっぱなし。いつも口あいてる人間を、深夜とはいえ、ドラマ主演に据えるとは。本人もファンもテレビ局すら得していない、誰得ドラマ。いや、1人だけ旨味独占の、これはHIRO得ドラマ枠ということか。

◎別所という日本の暗部
 独特にハツラツとした動きや歌の節回しで、「あ、宝塚」が如実にわかる、野村証券のファンド「るいとう」のCM。娘役スターの女優さんと、別所哲也が大いに歌って踊る。なぜに別所哲也か。それはいいとして、このCM、子どもが大きくなった頃に帰って来る投資のリターンとして「オーロラを見に行く」とか「アフリカでキリンと朝食を食べる」ってことを謳っている。子どもがいたら、金なんていくらでも飛んでいくこのご時世に、オーロラにキリンねぇ。そこに回せる余裕のある人間がどれだけいるってんだ。ま結局、徹底的に富裕層向けの商品ってことなんだろう。そのCMに、なぜに別所哲也が。

◎伝えたいメッセージ
 メンズビゲンのCMに、やはり岩城滉一の姿はなかった。しかし急な差し替えとはいえ、大手の会社のCMで、ここまで急ごしらえ感があるものがテレビで流れるってすごいな。「アマナイメージ」で借りてきた映像みたい。でもこれ、「ウチだって被害者なんです!」ということを暗に示したい、ホーユー側の意向があってのことなのかもしれない。即座に代役タレントを立てるのもなんかカドが立つし、見やすいCMをすんなり流すとそれはそれで悪目立ちする。あの取ってつけたようなつくりに、とにかくとにかくもう触れてほしくない、というホーユーの血の叫びが見える気が。岩城滉一もつまんないことしてつまずいたよなぁ。来年は宇宙飛行に行く予定らしいが。国境のない、宇宙という新しいステージで、輝けることを祈って。星になれ、という意味ではない。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク