その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Hey!Say!JUMP山田涼介、知念侑李とふたりきりの時は「侑李」と名前呼び

Hey!Say!JUMP山田涼介、知念侑李とふたりきりの時は「侑李」と名前呼び

 「Wink up」2014年11月号(ワニブックス)、まずはHey!Say!JUMPページから見てみましょう。9人という大所帯グループですが、今号では3組に分かれてメンバーによる座談会を行っています。その中でも注目なのは、山田涼介・知念侑李・有岡大貴の“チビーズ”のページ。今号は3組すべてにおいて「キャラ」がテーマとなっていますが、グループ全体としてもこれまでの「かわいい」から「カッコイイ」キャラへの過渡期ということもあり、これまで「かわいい」を担当してきた3人がどのように「キャラ」を考えているのかは気になるところ。  “ビジュアル担当”としてグループを引っ張ってきた山田は、最近になってメンバーにイジられるということができるようになったそう。知念に「そうね。涼介も今まではひづめを隠してたけど…」と“ぽっちゃりイジリ”を投げかけられると、「(さえぎって)ブタじゃねーよ(笑)!」と見事な切り返し。この1~2年でインタビューやコンサートMCを通して少しずつ築いてきた山田と知念の豚コント、日々進化しているようです。山田としてはもともと「誰もツッコミ入れたりしないようなクールなキャラになりたかったんだよ」ということですが、山田自身レギュラー出演している『スクール革命!』(日本テレビ系)でオードリー・春日俊彰やアンタッチャブル・山崎弘也らと共演していたり、Hey!Say!JUMPも個々でバラエティ番組でのレギュラーが増えたり、『リトルトーキョーライブ』(テレビ東京系)で生放送に挑戦したりと活動展開を考えると、バラエティー的なイジリへの対処が求められるようになったということでしょうか。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

Hey!Say!JUMP山田涼介、知念侑李とふたりきりの時は「侑李」と名前呼びのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  2. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  3. 『笑点』三平の回答がヤバイぞ
  4. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  5. デブのおばさんが吉原でソープ嬢に
  6. 城島と国分の“好感度”格差
  7. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  8. 皮膚科医が“顔ダニ恐怖症”に警鐘
  9. ダヴ洗顔は石けんよりマシ程度
  10. 芦田愛菜、入学式に謎の中年男性
  11. 佐々木希、結婚の意外な業界評
  12. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  13. 渡辺謙、「不倫謝罪会見」開かない裏側
  14. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  15. 相葉『貴族探偵』、撮り直しも苦境
  16. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  17. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  18. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  19. 伊野尾慧の“禁断のデコ”
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  2. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  3. 城島と国分の“好感度”格差
  4. 相葉『貴族探偵』、撮り直しも苦境
  5. 伊野尾慧の“禁断のデコ”

カルチャーの人気記事

  1. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走
  2. 高島彩「Domani」で優等生発言
  3. 山辺節子がタイ人ホストにハマったワケ
  4. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  5. アントニオ猪木が元愛人と結婚!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  3. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  4. ココ・オースティンのエロすぎるママライフ
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参