嵐・大野智が初振付した新曲MVの仕上がりは? 明大名物講師は「自由度の高いダンス」と分析

20140222-satoyan-thumb.jpg
歌やダンスの面でもリーダーシップを発揮している大野智。

【リアルサウンドより】

 嵐の新アルバム『THE DIGITALIAN』が10月22日にリリースされた。初回限定盤にはリードトラック「ZERO-G」のMVとそのメイキング映像を収めたDVDが付録となり、人気のあまり売り切れとなる店舗が続出し、入手が困難な状況が続いている。

 同映像作品は、リーダーの大野智がMVという形では初めて振付を担当したことでも話題となっており、その仕上がりにも注目が集まっていた。

続きはこちら



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

嵐・大野智が初振付した新曲MVの仕上がりは? 明大名物講師は「自由度の高いダンス」と分析のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! リアルサウンドのニュースならサイゾーウーマンへ!