あんた一体前世で何したの?

加護亜依、夫逮捕に「なぜ別れないの?」の声! 業界でささやかれる“仮面夫婦”説とは

kagoai.jpg
『加護亜依LOS ANGELES』(ジーオーティー)

 元モーニング娘。でタレントの加護亜依の夫、会社員の安藤陽彦氏が、逮捕状を取られていたことが24日、わかった。警視庁によると、知人男性に違法な高金利で資金を貸し付けていたなどとして、出資法違反(高金利)容疑で、40代の指定暴力団山口組系組幹部の男を逮捕。同容疑などで2人に逮捕状が出たが、そのうちの1人が安藤氏だったという。

 以前から黒いうわさのあった安藤氏。2011年9月6日にも、知人男性から2,000万円の借金の返済を迫られた際に、「俺のバックには山口組系の弘道会がついている」などと脅して借金を踏み倒そうとし、恐喝未遂容疑で逮捕されている。この後、安藤氏は処分保留で保釈されたが、加護は参考人として事情聴取を受け、この件が原因で精神的に追いつめられたのか、自殺未遂を図っている。

 また安藤氏と昔交際をしていた華原朋美は、付き合っていたときに安藤氏からDVを受けたと告白している。加護も、顔面に殴られたような傷を負った写真が流出し、同じようにDVを受けていたのではないかとみられている。

 加護は世間から「加護ちゃん、見る目がない!」「早く別れればいいのに」などの意見が飛び交う中、11年12月にブログで「以前からお付き合いしていた方と今月、入籍したことをご報告させて頂きます。そして、最近…新しい命が宿っていることも分かりました」と、安藤氏との結婚と妊娠を発表した。

「安藤氏は13年に婿養子となり、加護姓となっていることが報じられました。借金でブラックリストに載っている人など、旧姓のままだと不都合がある場合に変えることが多いため、安藤氏に関しても何かしら後ろめたい事情があるのでは、といわれたものです。今回の逮捕をめぐっても、ネット上では『どうして離婚しないの?』といった声が出ていましたが、こうした事情により夫側から離婚を渋られる可能性はありえます。すでに関係者の間では、結婚後、安藤氏の話題が一切出なくなってしまったため、『夫婦仲がまったく見えてこない』と、仮面夫婦説まで浮上していました」(週刊誌記者)

 現在、加護は安藤氏が関わっているとされる芸能事務所「威風飄々」に在籍。最近では、歌詞や楽曲、振り付けなどのアイディアをファンから募るという、“みんなでつくる!ガールズユニットプロジェクト”Girls Beat!!の初期メンバーとして活動中だ。アイドル活動に力を入れている矢先で、今回の逮捕報道となった。

「この活動を通して、『メッセンジャー&なるみの大阪ワイドショー』(MBS)に出演したり、『SPA!』(扶桑社)でインタビューに答えるなど、メディアに露出していましたが、夫の逮捕報道で、アイドル活動に悪影響が出る可能性も」(芸能ライター)

 喫煙騒動、不倫疑惑、自殺未遂……過去にさまざまな試練を超えてきた加護だったが、今後は一体どんな道を辿るのだろうか。

1stシングル「まだ、やれる」のタイトルが味わい深い

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. キムタクは「がんばっちゃう男」である

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー