芸能界はお祭り騒ぎ

矢口真里復帰! 「梅田賢三の現在」「岡村隆史メンツ丸潰れ」どこも報じない一行裏情報集

yaguchi_cd.jpg
「青春 僕/青春 俺」/hachama

 23日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)にて、ついにテレビ復帰を果たした矢口真里。元夫・中村昌也との離婚に関する部分は「(中村が)プライベートのことを公言しないと約束してくれたので」として口にしなかったものの、不倫相手との交際を認め、また番組は平均視聴率10%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大台に乗るなど、芸能界のビッグニュースとなった。しかしこれらに関連して、どこも報じない“一行裏情報”が大量に派生しているようだ。

■“間男”はヒモじゃなかった!?

 まずは離婚に際して、直接的な原因となってしまった元モデル・梅田賢三の存在。矢口は自宅で梅田とベッドで寝ているところを中村に踏み込まれ、そこから今回の騒動に発展したといわれている。

「矢口は番組内で、『(当時は)みんなでご飯に行くようなお友達』として、中村と婚姻関係にあった時はただの火遊びだったものの、その後真剣交際に発展したという、苦しい釈明をしていました。そして梅田はこの一件で事務所を解雇され、アルバイトをしていたエステサロンにも出勤しなくなったため、完全に“ヒモ”状態と伝えられていましたが、矢口はこれを否定。『一切そういうことはなく』と、何らかの仕事をしていることを示唆していましたが、現在梅田は麻布でバーテンをして収入を得ているという情報もあります」(週刊誌記者)

■“復帰支援”大御所をガン無視

 『ミヤネ屋』の出演時、矢口の発言から、復帰をバックアップしてくれた芸能人として挙げられたのは、モー娘。関連を除けばロンドンブーツ1号2号・田村淳のみだった。

「これまで散々、ナインティナインの岡村隆史や明石家さんまの名前が出ていたのに、フタを開けてみれば矢口が名前を出したのは淳のみだった。諸先輩を押しのけ、唯一矢口から感謝の言葉を捧げられたというだけに、業界内での淳の株は急上昇かもしれませんが、岡村とさんまのメンツは丸潰れでしょう」(芸能ライター)

■みみっちすぎる復帰報道合戦勃発!

 今回の復帰の報道合戦をめぐっては、“ネガティブキャンペーン”を行うスポーツ紙の存在も目立った。

「『ミヤネ屋』には、日刊スポーツのデスクがコメンテーターとして出演中ですが、矢口の出演情報を他紙に報じられてしまった。それを根に持っているのか、他紙が10%を『高視聴率』と報じているのに対して、唯一日刊スポーツは『通常レベル』『特別な高視聴率とはいえない』という速報を流しました。ネットユーザーには『そういうなら具体的な数字を出せば』などと批判されていますが」(同)

■命知らずすぎる『5時に夢中!』

 そしていよいよ公に姿を表した矢口に、熱烈オファーを送っているのが『5時に夢中!』(TOKYO MX)だ。

「『5時に夢中!』はかつて、香里奈の開脚写真を番組内で取り上げたことで、バーニングプロダクション傘下の事務所から警告を受けている。同番組プロデューサーは、スポーツ報知で矢口の出演を『いつでもお待ちしています』としていましたが、完全にバーニングがバックアップについたとみられる矢口に対してこのがめつさは、ある意味見上げたものです」(芸能プロ関係者)

 今後の予定は「一切決まっていない」と言い切った矢口だが、すでに民放キー局は、アップフロント幹部にオファーを出しているという情報もある。矢口の次のステージがどこになるのかはわからないが、ここまで各メディア・関係者を奔走させたとあって、完全復帰する日も近そうだ。

梅田賢三にただよう第二のマロ感

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク