少年隊の知られざるルーツとは? 錦織一清がラジオで語る、歌謡曲の「裏面史」

nishikiori.jpg
「月刊ニッキ」で過去の面白エピソードを語る錦織一清。

【リアルサウンドより】

「デビュー間もない少年隊が台湾コンサートをおこなったさい、台湾語を指導してくれたのは欧陽菲菲だった!?」
「少年隊は最初、初代ジャニーズやフォーリーブスのように4人組を予定していた!?」
(「月刊ニッキ」より)

 TBSラジオ『赤江珠緒のたまむすび』の番組内に、「月刊ニッキ」という月1のコーナーがある。このコーナーは、少年隊の錦織一清が様々なテーマに沿って、歌謡曲を紹介するというものなのだが、これがたいへん興味深い。というのも、錦織がそこで語る当時の思い出やエピソードが、ジャニーズ・ファンにとって、いや、ジャニーズ・ファンに限らず、歌謡曲ファンにとって貴重なものだからだ。上記の台湾コンサートをめぐるエピソードも、番組中に錦織が語った思い出であり、歌謡曲ファンとしては覚えておきたい(?)トリビアである。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク