またも一大事!

沢尻エリカ、ストーカーに狙われていた!? 話題ドラマの裏で起こった恐怖のゴミ漁り被害

sawajirierikakekkon.jpg
本格的なドラマ復帰をした矢先に……

 沢尻エリカが“ストーカー被害”に遭っていると、10月23日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。同誌によると、悪質な男性ファンが沢尻の自宅を突き止め、ゴミ漁りなど卑劣な行為を続けているのだという。

 現在放送中のドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)で主演を務めている沢尻。ドラマ内では女性同士の“マウンティング”で強気に振る舞う主人公を演じているが、プライベートではこんな被害に悩まされていたという。沢尻は犯人の存在に気付き、自ら警察に通報したというが、この1カ月の間は母と2人で暮らしている一戸建ての自宅周辺を、警官が日夜見回りしているようだ。

「男性ファンは、9月初旬から自宅周辺をウロつき始めたそうで、10月に入ってからは沢尻家が出したゴミを持ち帰るようになったそうです。かねてより交際が伝えられている、ファッションデザイナーの交際相手も頻繁に沢尻宅を訪れ、沢尻をストーカーから守ろうとしているのではといわれています」(芸能ライター)

 ファンに後をつけられたりといったストーカー被害は、かねてから芸能界では伝えられており、先日も女性アイドルグループ「CoverGirls」メンバーが自宅近くで被害に遭ったことから、活動休養を発表している。同誌では「男性ストーカーがゴミ漁りをするいちばんの目的は、捨てられた生理用品を持ち帰るためだといわれています。それを、自慰行為に使うわけです。(中略)彼らは体液の付着したものを持ち帰り、それで性欲を解消しようとするわけです」という警察関係者のコメントも掲載されており、まさに衝撃の報道となっている。

「沢尻は2007年、舞台挨拶で『別に』と発言してバッシングを受け、また4年にも及んだ元夫・高城剛氏との泥沼離婚もあって、“お騒がせ女優”として叩かれ続けていただけに、ネット上では今回のストーカー報道に対し、『話題作りにしか見えない』『沢尻にストーカーがいることが驚き』といった批判も。しかし一方で、やはり『ゴミ持って帰られるとかコワイ』『卑怯だな』などの同情の声も上がっています」(同)

 現在、沢尻の『ファーストクラス』は、裏で放送中の綾瀬はるか主演『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)との視聴率争いが話題を呼んでいる。第2回となる22日放送では『きょうは会社休みます。』17.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『ファーストクラス』8.3%と大きな差を付けられてしまったが、沢尻が久々に芸能活動で注目を集めているのは確かだろう。ストーカー騒動が早期に解決するよう祈りたい。
(須田恭也)

一難さってまた一難という星の元に生まれたのかしら……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと