『愉悦のとき』に学ぶ、中高年女性の「普通」のセックスとホルモン考

【messyより】

nagako102202cw.jpg
愉しいだけのセックスなんて最高だね(イラスト/別珍嘆)

 先日、書店にて、『ゆうゆう』(主婦の友社)、『健康365』(エイチアンドアイ)、『ゆほびか』『爽快』(マキノ出版)など、老年期に差し掛かった女性をターゲット視しているであろうコーナーに差し掛かった時、『愉悦のとき』(徳間書店)というド渋いタイトルのムック本を発見。なんとなく手に取ってみた。

 愉悦とは、愉快で、楽しくて、喜んでいる様を表すが、表紙からは、そうした嬉々としたエネルギーが漂って来ない。それも偏に、イラストの女が、紫のドレスに白レースのショート丈のカーディガン、パールと思しきネックレスをあしらった「昭和の清楚なホステス」のような、ただならぬ薄幸さを醸し出しているせいである。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク