サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

朝吹真理子、芥川賞受賞後「一作も書けない」! 「綿矢りさ状態」とうわさされるワケ

kikotowa.jpg
『きことわ』(新潮社)

 2011年、初めて候補になった『きことわ』(新潮社)で芥川賞を受賞し、流星のごとく文壇に登場した朝吹真理子。名家の生まれで祖父がフランス文学者、父親もフランス文学者で詩人という背景や、その美貌も相まって「おじさん人気が抜群に高かった」(書籍編集者)という。純文学の新星として期待されたが、実は芥川賞受賞後、一作も小説を書けておらず、心配の声が上がっているという。

「同時受賞だった西村賢太が何作か仕上げているのに対し、朝吹は出せていません。今年は芥川賞受賞以前に出したデビュー作『流跡』(新潮社)を文庫化し、細々とエッセイや対談などの仕事はしていますが、新作は出る気配がありません」(出版関係者)

 編集者間では外見だけでなく、その実力も高く評価されているといい、決して朝吹に需要がないわけではないのだとか。ある文芸編集者は「朝吹に営業をかけても受けてもらえない」と嘆く。

「『きことわ』は歴代の同賞受賞者の中でもクオリティーが高いと評判でした。今、純文学であれだけのものを書ける作家はそういませんし、我慢強く新作を待っているファンも多いので、各社とも朝吹の原稿を欲しがっているんです。文壇では、大きな賞を受賞した後、その受賞作の版元で受賞後第一作を出す“恩返し”が慣例化しています。朝吹の場合は『きことわ』を出した新潮社で受賞後第一作を出さなければいけないのですが、それがまだ書けていない。どうやら朝吹を見いだした新潮の設定するハードルが高すぎるようで、書いても書いてもボツにされ、最近では書けなくなっているといううわさ。朝吹に、業界の慣例を破る勇気は今のところないようで、他社も営業をかけては玉砕しています……」(同)

 芥川賞の先輩である綿矢りさも、受賞後、なかなか書けない時期が長く続いたため、現在の朝吹は「綿矢りさ状態」と呼ばれているという。若くして芥川賞受賞、美しさでもてはやされ、期待されすぎて書けなくなるなど、共通点が多い2人。朝吹も、綿矢のように復活を遂げることを祈りたい。

西村賢太のクズキャラに味を殺された?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー