サイゾーウーマン勝手に調査団

テレビ局関係者が激白! 表の顔と裏の顔が違いすぎる女子アナたち

newsnabansankai.jpg
『ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)公式サイトより

 美貌と知性にあふれ、男性から「蝶よ花よ」という扱いを受ける存在……そんなイメージを持たれがちな女子アナたち。だが実際には、「気が強く自意識過剰な人物が多いのも、また事実」(テレビ業界関係者)という。そこで今回は、表と裏の顔が違う女子アナたちのエピソードを、テレビ関係者に聞いてみた。

 まずは、清楚イメージでおじさんからの人気が高い、NHKの杉浦友紀アナだ。意外や意外、「清楚とは……違うと思いますよ(笑)」(NHK関係者)という。

「現在杉浦は、『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』のキャスターとして活躍しています。以前は、北陸にあるNHKの地方局勤務で、その時代から“Gカップ女子アナ”として有名でした。画面からの印象でいえば、『お高くとまっている部分もあるのかな?』と思いますが、性格は結構さばけている。巨乳で騒がれていることも、全然気にしていない様子です。その分、周囲は親しみやすさを感じるようで、アスリートからも割と好かれていますね」(同)

 次に、周囲から“恐れられる”裏の顔を持つのが、フジテレビの宮澤智アナ。学生時代からタレント活動を行い、フジに入社した経歴を持つ女子アナだ。

「現在、『すぽると!』のキャスターをしており、背も小さく、可愛らしい雰囲気なので、アスリートからも結構人気はあります。しかし、当の本人は、取材時や会食中はアスリートと親しげに話すものの、裏で『私は恋愛対象として、アスリートに一切興味はない! だって、安定しないじゃん……』とバッサリ斬っているそうなんですよ。かといって、実際どういった男性がタイプなのかについては、なかなか口を割らないんだとか。表面上、人に合わせるのはうまいが、意外に本音をしゃべらないので、たまに会う仕事関係者なんかは、結構戸惑う人が多いようですね」(フジテレビ関係者)

 最後は、フリーになりたての元TBS・田中みな実アナ。“ぶりっ子”キャラで人気を博したものの、オリエンタルラジオ・藤森慎吾との熱愛発覚、また藤森の女性スキャンダルをきっかけに、そのキャラを封印してしまった。

「田中が恐ろしいのは、自身の批判報道をつぶさにチェックし、それを参考に行動しているところ。例えば、『わがまま』という批判が出たとき、彼女は天候が悪い中でのロケを終えると、あえて技術スタッフの方に『綺麗に撮ってくださり、ありがとうございます!』なんてニコッとしながらお礼を言って、気遣いのできる女をアピールする。職人かたぎのスタッフって、意外にこういうのに弱いんです。それもこれも、悪評が高い今の自分をちゃんと分析した上でやっていることなんだそうです。『こうでもしないと、フリーとしてやっていけないと思うの!』と親しい関係者に漏らしていたという話も聞きました」(テレビ局関係者)

 さまざまな裏の顔を持つ女子アナたち……結局、女子アナは、良くも悪くも「賢さ」が必要であり、それがストレートに見えるか、いやらしく見えるかの差で評価が分かれる職業なのかもしれない。

田中みな実って一般的な女子アナ像そのものじゃん?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク