いつの間にか人気者に!?

新ゴリ押し女王へ!? 元KARA・ジヨン、『ぬ~べ~』からの怒涛の露出に「剛力並」の批判

2014jiyon.jpg
SweetPower Internationalオフィシャルサイトより

 元KARA・ジヨン(知英)の“ゴリ押し”が、一部ネット上で反感を買っているようだ。10月から放送がスタートした『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)のヒロイン役で女優業をスタート、21日には雑誌「non‐no」(集英社)のレギュラーモデル就任が発表され、翌22日には来年公開の『暗殺教室』での映画初出演が発表されるなど、立て続けに大きな仕事が決定している。

 ジヨンは今年1月にKARAを脱退し、理由については「海外留学のため」としていたものだが、8月には芸能事務所・スウィートパワーへの所属が発表された。

「堀北真希や桐谷美玲、黒木メイサらが所属する女優メインの中堅プロダクションですが、一番のウリはなんといっても“ジャニーズ御用達”であること。黒木が赤西仁と、事務所の意向に反する形で入籍したことから、関係にヒビが入ってしまった思いきや、いまだに双方事務所の蜜月は続いたまま。一度ジャニーズから共演NGを食らえば、完全に致命傷とされる現在の芸能界だけに、スウィートパワーの異例の優遇ぶりを羨む他プロダクションは多いです」(週刊誌記者)

 こうしたジャニーズという強い後ろ盾もあってか、雑誌・ドラマ・映画と、とにかくジヨンのゴリ押しは留まることを知らない。しかしネット上では、「最近やたらジヨンのネタが多いな」「先に日本語をちゃんとしゃべれるようにした方がいいと思う」「剛力彩芽並みのゴリ押しだな」といった反感の意見も少なくない。

「やはりKARA脱退から国内女優デビューまでが早すぎたこと、また日韓の関係も影響しているためのか、早くもネット上で“叩かれる対象”になってしまったようです。同事務所の桐谷も、一時期同様の猛プッシュを受け、次々と仕事を決めていったものですが、さして批判はありませんでしたね。いかにジャニーズとのパイプや、他女優とのバーター仕事も豊富といっても、このままでは剛力と同じく、露出情報発表の度に炎上が発生する事態にもなりかねません」(同)

『ぬ~べ~』で演じているゆきめ役に関しては、放送前から「なぜ日本の妖怪を韓国人が演じるのか」と話題になり、また第1話では「衣装がチマチョゴリ風ではないか」というイチャモンもつけられてしまったジヨン。活動開始から1カ月足らずで“ネット上で物議を醸す芸能人”となってしまったジヨンの女優生活は、果たして吉と凶と出るか――。

来年のジーンズ、メガネ、ジュエリーはもらったも同然?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク