パリ病もここまできた!

中山美穂の恋人・渋谷慶一郎、“髪にキス”2ショット公開! 「息子への配慮なし」と非難の嵐

nakayamashibuya01.jpg
渋谷慶一郎Instagramより

 辻仁成との泥沼離婚が成立した中山美穂の、交際相手と目されている音楽家・渋谷慶一郎が画像共有サイト「Instagram(インスタグラム)」上で、2ショットを披露し、ネットユーザーから中山への批判が殺到している。辻の“中性化”に中山が愛想を尽かしたという報道から一転、「家族を捨てて男に走った」と非難されている中山だが、さらに評判を落としてしまったようだ。

 中山と辻の離婚は今年7月に成立。一人息子の親権は辻が持ち、現在は両者ともにパリで生活を送っていると伝えられている。一方で中山は、8月発売の「美ST」(光文社)で離婚理由を「好きな人と出会いました」と認めていたものの、お相手についての記述はされていなかった。

「写真は、渋谷が中山の髪に口づけをしているもので、両者は初めて交際を公に認めたとも取れます。しかしネット上では『わざわざ公開しなくてもいいのに』『純愛アピールのつもり?』『家族を捨てたくせに』などと批判が殺到。また風景から撮影地はパリとみられ、同じくパリに住んでいる息子がどう思うかという配慮のなさを指摘する声も出ています」(芸能ライター)

 辻との関係に亀裂が入ったと伝えられた当初、各メディアは大手芸能事務所・バーニングプロダクションの系列に所属している中山を擁護するような報道を繰り返していた。しかし5月に「女性セブン」(小学館)が、中山と渋谷氏の“お泊まりデート”をすっぱ抜いてからというもの、完全に形勢が逆転。

「バーニングとつながりの強い『セブン』は、渋谷氏を『新恋人』とするなど美談仕立てに報道しましたが、まだ離婚に決着が付いていない段階というだけに、世間からは『完全に不倫』とはやし立てられることに。また親権を辻が持ったことも、『子どもではなく男を取った中山』と捉えかねられないだけに、さらに批判が集中。中山がその後Twitter上で、離婚理由については『きちんとした媒体でお話させて頂くつもりです』とツイートしたことも、各マスコミの反感を買う結果となりました」(週刊誌記者)

 しかし、その“きちんとした媒体”で語った内容も、「自己弁護のみの話だっただけに、ついにはバーニングも中山に対してさじを投げてしまい、報道操作もなくなったといわれています。そして今回、批判の中で果敢にも2ショットを公開したということは、もう世間からどう思われようと関係ないという“開き直り”のように見えます」(同)という。

 確かにここまでくると、中山は批判の声に反抗心すらたぎらせているようにも思えてくる。このバッシングの嵐の中、渋谷氏との交際が成就するのか、注目していきたい。

この首のひねりに“パリの女”を見た!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー