関ジャニ∞、自主レーベル初シングルの仕上がりは? 豪華タッグの挑戦作を聴く

kanjani04.jpg
デビュー10周年を迎え、新たな試みに挑戦している関ジャニ∞。

【リアルサウンドより】

 新レーベルINFINITY RECORDSから、初のシングル『言ったじゃないか/CloveR』をリリースした関ジャニ∞。今作は、錦戸亮主演ドラマ『ごめんね青春!』と大倉忠義出演映画『クローバー』の主題歌になっているダブルタイアップシングル。10月15日の発売日より、4日連続でオリコンCDデイリーランキング1位を獲得している。

 『言ったじゃないか』は、作詞・宮藤官九郎、作曲・峯田和伸という豪華なタッグでも注目を集める1曲。脚本家の宮藤らしいストーリーを感じる詞は1日で書き上げたもので、“そこ抜けに明るい失恋ソングにするには、銀杏BOYZの峯田しかいないと思った”という楽曲エピソードが語られている。キャッチーなメロディで、一度聞いたら誰もが口ずさめる青春ソングだ。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク