サイゾーウーマン勝手に調査団

業界関係者に聞いた、“モテないキャラ”女芸人の大胆すぎる夜の顔

harisenboon.jpg
ハリセンボン公式サイトより

 今やバラエティ番組には欠かせない女芸人たち。テレビの中では“モテないキャラ”を演じている彼女たちだが、その実、大胆すぎる夜の顔を持つ者もいるという。今回は、業界関係者に、女芸人の知られざる夜の顔を聞いてみた。

 まずは「レギュラー7本」とノリに乗っているオアシズの大久保佳代子。プライベートでは肉食というイメージがすでに浸透しているが、最近でもその傾向に変わりはないようだ。

「大久保はブレークまで時間がかかった苦労人のため、可能な限りスタッフの要望には沿うような動きをしてくれるので、制作サイドから愛されています。私生活でも、言い寄ってくる男性が増えつつあるようですよ。ただ、そのほとんどが、小金持ちになった大久保のお金目当てだそうです。以前女性誌にお持ち帰りをキャッチされた男性にも、相当な金額を貢いでいるとか。最近では、大久保も男性に警戒心を抱いているんだとか」(お笑い業界関係者)

 若手芸人の中で、最も“恋愛体質”だといわれているのが、ニッチェ・江上敬子。「いわゆる女芸人の“デブ枠”といえば、柳原可奈子、渡辺直美、バービーですが、実は3人ともあまり体を張りたがらない。しかし、江上は体当たりの仕事もOKで、しかもギャラが安く、制作サイドからラブコールが殺到している」(テレビ局関係者)注目株だという。

「江上の素顔は、かなりの恋愛体質。今年5月には、バンドマンだった彼氏にフラれたことを番組で公表しましたが、本人は多忙な合間を縫って合コンに繰り出しているそうです。次に狙うのは、芽が出そうな役者と豪語しているといいます」(同)

 最後は、テレビ番組出演本数ランキングで上位常連のハリセンボン・近藤春菜。もともと近藤は、KARAをはじめ、吉高由里子、森カンナら女性芸能人との交流を数多く持っており、プライベートでも頻繁に出かけていることが知られている。

「最近はこの人脈を生かして、先輩芸人の夜の接待の“仕切り役”を極秘にやっているとか。目的はもちろん、番組出演につなげるため。引っ張りだこに見えるハリセンボンですが、レギュラーが徐々に減っているので、確保に必死だそうで、先輩芸人の“お持ち帰り”は見て見ぬふりをしているんだとか。基本的に女性芸能人側が不快に思わない人限定で、『男性芸人やタレント側から売り込まれても、絶対に斡旋しない!』ようです。人脈で生きようとする姿勢は、まさにオンナ版・入江慎也です(笑)」(中堅放送作家)

 自身の恋愛話は聞かれない近藤だが、“女衒”じみた夜の顔の方が衝撃的かもしれない。

紳助、カウス、春菜が吉本アウトロー三傑

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに