[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

『ぬ~べ~』『ごめんね青春!』7%台に急下落! 関ジャニ∞主演ドラマの明暗

20141014nu-be-.jpg
『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)公式サイトより

 第1話で13.3%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を記録した、関ジャニ∞・丸山隆平主演ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)。放送後は内容に対する批判が殺到していたが、10月18日放送の2話の視聴率は7.9%と、一気に5.4%も大幅ダウンしてしまった。

 同名人気漫画が原作とあって注目度が高かっただけに、2ケタ超えの好スタートを切った『ぬ~べ~』。しかし、舞台設定が小学校から高校に変更されたことや、キャスティングに関する視聴者の違和感は拭えなかったようで、初回放送後には公式サイトの掲示板に縦読みで「原作をこわすな」「ごみどらま」などと嫌がらせの書き込みが相次いだ。

「2話は前の時間帯にプロ野球『クライマックスシリーズ』が放送されていたため、1時間遅れでのスタートでした。時間繰り下げも視聴率が低下した要因とみられますが、やはり1話で見限った視聴者が多いようです。大まかなストーリーは、生徒の信頼を失った霊能力教師・ぬ~べ~が生徒を助けるために妖怪を退治し、見直されるというもの。ネット上では2話も不評で『1話とまったく同じ展開だった』『学芸会』という声や、妖怪の着ぐるみがショボイといった不満など、集中攻撃状態。同作の脚本を務めている俳優・マギーは、ネット上で酷評されたSMAP・香取慎吾主演『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS系、2009年放送)も担当していたため、今回の『ぬ~べ~』についても『脚本がひどい』『戦犯はマギー』と、批判の的になっています」(芸能ライター)

 一方、初回10.1%スタートだった関ジャニ∞・錦戸亮主演ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)は、19日に2話が放送され、視聴率は7.7%に下落。『ぬ~べ~』ほどの落差はなかったが、2話目で2.4%の下降は制作陣にとっても痛手だろう。

「『ごめんね青春!』は数字こそ低いものの、『ぬ~べ~』とは違って視聴者からは『おもしろすぎ』『はやく3話がみたい』などと、高評価が目立ちますね。宮藤官九郎ドラマ特有の下ネタや、他作品のパロディのような小ネタが満載のため、ネット上で答え合わせが行われるなど、良い形での盛り上がりをみせています」(同)

 このように視聴者からの評価は真っ二つに分かれながらも、ともに2話で7%台にまで落ち込んでしまった、関ジャニ∞メンバー主演ドラマ。『ごめんね青春!』の方は展開によって視聴率上昇の可能性もありそうだが、果たして『ぬ~べ~』はここで下げ止まることができるだろうか?

絶対数字取れないって、ネットは言ったじゃないか!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー