嵐・大野智、初のMV振付で見せた新境地とは? セクシーなダンスから占う新アルバムの方向性

20140222-satoyan-thumb.jpg
歌やダンスの面でもリーダーシップを発揮している大野智。

【リアルサウンドより】

 嵐の新曲「Zero-G」のMVが、10月13日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ)や『ZIP!』(日本テレビ)で放送され、話題を呼んでいる。同曲は、10月22日発売の新アルバム『THE DIGITALIAN』の1曲目に収録されるもので、リーダーの大野智が初めてMVの振付を担当した作品だ。

 大野はメンバーの中でも特にダンスが得意で、2004年のソロ曲「TOP SECRET」以降、たびたび振付をこなしてきた。2013年のコンサート『ARASHI LIVE TOUR Popcorn』では、メイン振付師を務めたほか、最近ではシングル「Bittersweet」でも、大野ならではのアーティスティックな感性が発揮されたダンスを考案した。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク