性欲に基づいてレイプするわけではない―性暴力加害者の思考回路とは

【messyより】

211017cw.jpg
『性暴力の理解と治療教育』誠信書房

 以前当コラムで紹介した、『刑事司法とジェンダー』(インパクト出版会)では「性犯罪は、性欲が暴走した結果、生じるような単純な犯罪ではない」という分析がなされていました。性欲が溜まっている男性の目の前を、露出度の高い女性が通りすがる。男性は性欲を我慢できなくなり、女性に乱暴をしてしまう。著者の牧野雅子氏(京都大学 学際融合教育研究センター・アジア研究教育ユニット 研究員 社会学、ジェンダー研究)によれば、刑事司法はこうしたストーリーに性犯罪者を当てはめ、捜査や裁判をおこなっていると言います。入念な下調べや計画のうえで性犯罪が行われていたとしても、犯罪の原因が性欲という「本能」に無理矢理還元されることは、加害者から反省の機会を奪うものだとして、牧野氏は厳しく現行の刑事司法のあり方を批判しています。

 入念な下調べや計画のもとで、本能的に女性を襲う犯罪者、という図の非現実性は、素人目にも明らかでしょう。しかし、刑事司法が設定するストーリーに性犯罪が乗らないのであれば、性犯罪者の心理はどのようなものなのか。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

性欲に基づいてレイプするわけではない―性暴力加害者の思考回路とはのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 叩かれた“主婦タレントの手料理”
  3. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  4. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  5. Mattに願う、たった1つのこと
  6. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  7. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  8. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  9. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  10. ジャニオタがハロプロ番組を見たら
  11. “クズすぎる男性タレント”暴露
  12. 『べっぴんさん』明美の一言が大反響
  13. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  14. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  15. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  16. 1月期ドラマのワースト&ベスト
  17. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  18. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  19. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  20. セックス写真流出疑惑の女子アナは今

ジャニーズの人気記事

  1. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  2. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  3. ジャニオタがハロプロ番組を見たら
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  2. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参