奥手な30代女性が社内の男に片思い!? 「自分なんか絶対ムリ」が成就したきっかけ

asension1022.jpg

 社会人になると、男性との新しい出会いは限られてきてしまうもの。まして、職場に好きな人がいても、自分から告白する勇気は湧いてこないものですよね。どんなに好きでも、積極的にアピールしたり、普通に話しかけることさえ難しいという人もいるのではないでしょうか?

 今回は恋愛下手な美菜さん(32)が片思いを成就するまでに至った経緯をご紹介します。

■1通のメールが関係を進展させた

「私は2年間、会社の上司に片思いをしていました。恋をしたきっかけは会社の飲み会でたまたま彼の近くの席に座ったこと。私は引っ込み思案で、飲み家の席でもなかなか会話に参加できるタイプではなかったんですが、その時は彼が気使ってくれて、私も輪に入りやすいようにしてくれました。

 それだけでなく、飲みすぎてボーっとしていた私のことをすごく心配してくれて、家まで送ってくれたんです。その日から、私は彼に好意を持ってしまいました。会社の上司といっても、普段は部署が違うため、なかなか会話をする機会もなく、ましてや彼は女性社員からの人気も高く、とても私なんかが付き合えるような人ではありませんでした。何度もあきらめようとしたのですが、そのたびに彼の優しさにひかれ、ますます好きになってしまうんです。

 親友にそのことを相談すると、『それならこれをやってみたら?』と、メール占い『ASCENSION』を紹介されました。私は自分の思いをありのまま、先生にぶつけました。そこには『私なんかが彼と付き合えるわけない』という泣き言もあったと思います。すると先生は、『彼はあなたにいい印象を抱いています。それを恋愛感情に変えるにはあなたがほんの少し積極的になるだけです』とアドバイスしてくれました。

 その言葉通り、今までよりも積極的に彼に話しかけたり、食事に誘ったりしました。もちろん先生のアドバイスを受けながらですが。それから1か月後、初めて彼の方から食事に誘われ、告白されました。彼に聞いてみると、私が急に積極的にアプローチしてきてくれたので、うれしかったみたいです。本当に相談してよかったです。最近は2人で結婚の話もするほど、交際は順調です」

 片思いから関係が進展したきっかけになったという、携帯・スマホ占い『ASCENSION』。鑑定士は50名以上在籍し、自分が鑑定してもらいたい占い師に相談可能なんだそう。相談したいときにいつでも携帯から連絡できて、鑑定結果はメールだからいつでも読み返すことができるのが心強いですね。忙しい人でも安心して相談できそう。

 自分では無理だと思っていた恋も、やり方さえわかれば成就させることができるかもしれません。1人で悩まずに、まずは相談してみては?

まずは無料で鑑定!メール占い『ASCENSION』

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!