高額の酵素で失敗した! いまこそホンキで考える、“酵素”の真偽と見極めポイント

hinano 200.jpeg
吉川ひなのも信頼する「スルスルこうそ」

 近年話題となり、ダイエットに励む女性たちの間でブームとなっているのが“酵素”。サプリやドリンク、食品などその形はさまざまなので、試したことのある方も多いかもしれません。でも効き目はまちまちのようで、実際、著者もかなり高額な酵素粉末に手を出したことがありますが、その効果はというと……。ここまでいうと「酵素って効くわけ……?」という疑問も沸いてきますが、しっかりと見極めることができれば、酵素はまさにダイエットに適したもの。そんな良質な酵素を手軽に摂取できるサプリを発見しました。

 この「スルスルこうそ」は、消化を助ける酵素サプリ。人が食べ物を食べ、吸収し、代謝から排泄するまでの過程全てに酵素が関わっているとを知っていましたか? そしてこの4つの活動のうち、痩せやすい体を作るのに最も必要なプロセスは、「代謝」。これが上がればカロリー消費量が増えるため、しっかりと代謝をする体を作ることが、痩せやすい体作りにはとても大事なんだとか。

kouso.jpg

 しかし年齢を重ねるごとに体内の酵素量は減少していき、代謝も落ちてきます。体は消化用の酵素を優先的に確保するため、代謝まで酵素が用意できません。代謝をせずに吸収だけが増えると、太りやすく痩せづらい体ができてしまうというワケです。そこで、「スルスルこうそ」の出番です。

 このサプリは、体の中の酵素に替わって消化を助けてくれるサプリ。つまり、もともと体内にある酵素が、代謝に充てられるようになるんだとか! 結果として代謝が復活し、痩せやすい体を作ることが可能になるというワケですね。とはいえ、前述の通り、全ての酵素サプリや酵素アイテムが消化を助ける役目を持つのではありません。

 その点、この「スルスルこうそ」は消化に特化した成分で作られており、小麦ふすま(小麦の外皮)をベースとして、5つの消化酵素を含む植物性発酵素材。人には作れない酵素であるセルラーゼや、人によっては作ることが難しいラクターゼら強い消化酵素を含み、消化を助けてくれます。さらに、500億個の乳酸菌を配合しており、腸内環境も整えてくれるので、お通じも改善しそう。そして分解力の強い酵素なので、むくみや二日酔い対策にも使えるようです。1つのサプリが何役もこなしてくれるのはうれしいですよね

 管理栄養士が監修し、医学・薬学博士の田口茂先生も推薦する、安心度◎の「スルスルこうそ」。グラビアアイドルの森下悠里、タレントの新山千春、吉川ひなのも愛飲しているんだとか。しかも今なら定期購入3,300円のところ、定期初回990円になるというキャンペーン中なので、お得に始められそうです!

 無理をするダイエットは体に良くないと気付き始めたら、「スルスルこうそ」で健康的に、痩せやすい体を目指してみませんか?

スルスルこうそ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに