[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞・渋谷すばる、フェスでのソロステージに歌広場淳ら絶賛!「ずっと聴いていたかった」

subaru03.jpg
すばるの歌声はSOULで受信して!

 関ジャニ∞・渋谷すばるが、10月11~13日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されたライブイベント『テレビ朝日ドリームフェスティバル2014』に出演した。今夏はCDデビュー20周年を迎えたバンド・TOKIOが夏フェスに参戦したことが話題になったが、今回の渋谷も『ドリームフェスティバル』での生歌を絶賛する声が上がっている。

 グループではメインボーカルを務めており、伸びやかな歌声が特徴的な渋谷。ライブイベントに単独で出演するのは今回が初めてだったが、ステージでは関ジャニ∞の「ズッコケ男道」「あおっぱな」をはじめ、ジャニーズの先輩・近藤真彦のヒット曲「愚か者」や、忌野清志郎がボーカルを務めたRCサクセションの名曲「スローバラード」ほか、計8曲を熱唱。ファンの間では、ザ・クロマニヨンズ・甲本ヒロトに傾倒するなど“アーティスト志向”が強いことで知られているが、ジャニーズに詳しくない音楽ファンには、渋谷のパフォーマンスが新鮮に映ったようだ。

「ネット上では、ジャニーズファンではなく他アーティスト目当てで参戦したとみられるお客さんが、すばるのことを『初めて聞いたけど歌うまい』『感動した』『いいもの見た』と、大絶賛しています。すばるの歌を聴いてグループにも興味を持ってくれたようで『関ジャニ∞のライブに行ってみたい』と、ツイートしている人や、一般のお客さんとすばるファンが意気投合したという書き込みもありました。熱唱した後は『ありがとう。関ジャニ∞っていうアイドルグループやってます。よろしく!』と挨拶してステージを後にしたそうで、歌のみで勝負したところに、すばるの男気を感じました。一般の方の好反応を見て、ファンとしても誇らしい気持ちになりましたね」(関ジャニ∞ファンの女性)

 また、同日のライブに出演したゴールデンボンバー・歌広場淳も自身のブログで、渋谷について「もうずーっと歌声聴いていたかったもん。感動するってのはそういうことでしょ? すごかった!」と、称賛していた。

 ファン以外の観客やプロも唸るほど圧巻のステージを見せた渋谷は、アイドル以外の活動でも評価が高まって来ている。今後は単独初主演映画『味園ユニバース』が2015年2月に公開予定で、映画の制作が発表された際には「この作品では、“関ジャニ∞の渋谷すばる”とは違う、新しい一面をお見せできる機会になると思います」と、コメントするほどの意気込みを見せていた。映画の中で渋谷はバンドのボーカルを務める役どころで、今回の『ドリームフェスティバル』でも劇中で歌われる楽曲を披露。今後は映画の宣伝に絡めてソロ活動も活発化しそうだ。

 プライベートでは、9月発売の「フライデー」(講談社)で、女性アイドルグループ・prediaの青山玲子との“合鍵同棲”が報じられ、多くのファンにショックを与えたばかりの渋谷。実力を認める声が上がっている今こそ、仕事一筋で邁進してもらいたい。

なお、誰よりも感動してるのは錦戸の模様

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!