ちょっとやってみたい変態プレイ、禁断の恋もOK! 理想の設定で“感じる”TL2作品

 秋も深まってきました。少し肌寒くなってきて、みなさん人恋しくなったりしていませんか? そんなちょっと寂しい夜こそ、もってこいなのがTLコミック。というわけで、今回は典型的な女性の理想のシチュエーションをダイレクトに叶えてくれる作品を2作品ご紹介します。やっぱりオーソドックス、最高です!

『カラダW支配』

karada200.jpg

 高校生の葵はまだ処女。しかし、あこがれていた担任の鷹津先生に告白され、2人は付き合うようになります。先生と初めてキスをした夜、お兄ちゃんの虎一にそのことを告白すると、嫉妬した虎一に襲われ、葵はバージンを奪われてしまいます。その後も虎一の束縛は続き、鷹津先生も虎一と葵の関係を知ってしまいますが、先生も葵への執着をやめません。2人の男に代わる代わる犯されて、翻弄される葵ですが……。

 “お兄ちゃん”と“先生”! もう一度言います、“お兄ちゃん”と“先生”です。女の理想の禁断の恋ランキングトップクラスであろう、この2つのシチュエーションを同時に叶えてしまった、なんとも欲張りな作品がこれ。しかも、いわゆるケンカはやめて的な、2人の男に取り合われる主人公。マンガでくらい、こんな妄想、叶えてみたっていいじゃないですか……。

『女子向けAVのつくりかた。』

joshi200.jpg

 藍朱が社会人になり、就いた仕事はAD。初めての現場はなんとAVの撮影で、いざスタジオに行ってみると、そこにはイケメンカメラマンの爽が。しかし爽にAV女優の面接と勘違いされた藍朱は、いきなりカラダを触られ、エッチな質問をされる始末……。あわてて逃げ出した藍朱でしたが、その後女性向けのAVを作るプロジェクトに参加することに。爽が藍朱の教育係となり、藍朱のカラダを開発(!?)していきますが……。

 目隠し、手錠、ハメ撮り、大人のおもちゃ、映画館での露出などなど、女が想像する“痛いのとか気持ち悪いのは嫌だけどちょっとやってみたい変態プレイ”が続々と登場するこの作品。相手役の爽くんがひたすら敬語で主人公を攻めまくるのもポイントです。過激なエッチを妄想するときだって優しさを要求する面倒くさい生き物が、女ってやつですからね……。

 『カラダW支配』『女子向けAVのつくりかた。』は、ただいまコミックシーモアにて配信中。女なら一度は妄想したシチュエーションがたっぷり詰まった物語は、秋の夜長を楽しくしてくれるはず。沢山の女性が共感できそうなこの2作品で、身も心も暖まっちゃいましょう!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム