Sexy Zone、新作チャート1位獲得も前作割れ 体制変更へのファンの不満も影響か

20140101-sexyzone-01.jpg
今年の夏、メンバーの流動化などでも話題を集めたSexy Zone。

【リアルサウンドより】

参考:2014年09月29日~2014年10月05日のCDシングル週間ランキング(2014年10月13日付)

 ジャニーズ系のグループのひとつ、Sexy Zoneが1位。しかしチャートというのはいつもそうだが、順位だけを見ていてもわからないところがある。

 まず、今回のシングル『男 never give up』の初週売り上げ枚数は12.5万枚。これは今どきの1位の売り上げとしては妥当なものだ。しかしこのグループの過去のデータを見てみると、この数字は必ずしも喜ばしいものではない。前作は15万枚、前々作は14.4万枚、その前は13.8万枚と、シングルの売り上げは2012年から一貫して上昇傾向にあったところで、久々に前作割れとなったのである。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク