[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「ごみどらま」関ジャニ∞・丸山隆平『ぬ~べ~』、初回13.3%も公式サイトまで酷評止まらず

20141014nu-be-.jpg
『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)公式サイトより

 関ジャニ∞・丸山隆平主演ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)の第1話が10月11日に放送され、初回視聴率は13.3%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を記録したことが明らかになった。原作は1990年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画。初の実写化とあって放送前から注目を集めていたが、放送後は視聴者から多くの厳しいコメントがあがっている。

 妖怪たちを葬る「鬼の手」を持つ霊能力教師・ぬ~べ~(丸山)が、霊能力を駆使して教え子を命懸けで守る姿を描いた『ぬ~べ~』。1996年~97年にはテレビ朝日系でアニメ化されるなど、今も根強い人気を持つ作品だ。今作では丸山のほかに桐谷美玲、速水もこみち、坂上忍、生徒役にHey!Say!JUMP・知念侑李が出演しているが、重要な役柄である雪女・ゆきめ役に元KARA・知英(ジヨン)が抜擢されたことや、舞台設定が小学校ではなく高校に変更されたことで、放送前から内容を不安視する声が寄せられていた。

「玉藻役の速水は、同局の情報番組『ZIP!』内のコーナー『MOCO’Sキッチン』でオリーブオイルを頻繁に使うことで知られていますが、第1話では調理実習のシーンでさっそくオリーブオイルが登場したり、妖怪にかけて子どもたちに大人気のアニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系)の話が出たりと、コメディー要素を多く取り入れていました。しかし、設定が高校に変更されたことや、ゆきめ役の知英の台詞がカタコトの日本語だったことに、違和感や嫌悪感を抱いた視聴者が多かったようで、ネット上では『ひどすぎ』『これはぬ~べ~じゃない』と、酷評の嵐。ドラマの公式サイトの掲示板には、縦読みで『ださくです』『原作をこわすな』『ごみどらま』と、書き込む例も発生しています」(芸能ライター)

 一方、同じく関ジャニ∞・錦戸亮主演ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)は、12日に初回を迎え、10.1%とギリギリ2ケタのスタートを切った。同ドラマは「仏教系」の男子校と「カトリック系」の女子校が合併するまでの過程を描いた学園ドラマで、脚本家・宮藤官九郎がNHK連続テレビ小説『あまちゃん』後、初の連ドラ作品となった話題作。ヒロインの満島ひかりや、AKB48・川栄李奈をはじめ、こちらも錦戸の後輩でジャニーズWESTの重岡大毅が生徒役で出演している。

「6月に六本木で“スマホ窃盗事件”を起こした錦戸が教師役ということで、放送前には『窃盗犯が教師役?』と、否定的な反応もありましたが、小ネタ&下ネタアリの“クドカンワールド”全開で『期待してなかったけど面白かった』『後半おもしろくなった』と、評判は上々。『ぬ~べ~』と比較して『ごめんね青春!』を持ち上げているコメントもあったほどです。現実の学園ドラマだけでなく、過去の放火事件がストーリーに絡んでいるため『来週も見る』と、視聴継続を宣言する書き込みも多くあがっています」(同)

 放送前から懸念されていた通り、初回放送は散々な感想があがってしまった『ぬ~べ~』。中には、内容に対する批判が殺到していることで「逆に見たくなった」というコメントも見受けられたが、このまま見守る視聴者はどれくらい残るのだろうか? 早くも次週の視聴率結果に期待が高まる。

キャストにノイズがありすぎて……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク