元カレは歴史に残るだめんずっぽい!

財産目当て? イギー・アゼリアの元カレ、結婚してもないのに離婚を申請

IggyAzalea01.jpg
この記事で覚えてほしいことは、「イギーは貧乳だけど巨尻」のただ1点

 今年2月にリリースした「Fancy」が、ビルボードホット100で7週連続全米No.1を獲得し、「YouTube」の公式MVは再生回数3億回超え。ビルボードは同曲を「2014年の夏を彩るサマーソング」第1位に認定し、同ランキング3位に選ばれたアリアナ・グランデの「Problem」にもフィーチャリングされ、「Fancy」と「Problem」で5週連続全米チャートの1位と2位を同時に制覇する快挙も成し遂げて、女性ラッパーとしての記録を次々と更新しているイギー・アゼリア。今、最も勢いがあるヒップホップ・アーティストであり、世界中にイギー旋風を巻き起こしている。

 透き通るような陶器のように白い肌、長く美しいブロンドヘアー、クールな美人顔、貧乳だけど巨尻なセクシーボディを持ち、ずば抜けたリズム感とラップセンスで大御所ハードコアなラッパーたちに舌を巻かせているイギー。オーストラリア出身の彼女は16歳で渡米。さまざまな仕事で生計を立てながらデビューにこぎ着けた苦労人でもある。

 しかし、黒人カルチャーであるヒップホップの頂点に、アメリカ人でもない白人の女性が立つことを快く思っていない者は多い。彼女の訛りを「気持ち悪い」と批判したり、イヴら昔から活躍している女性ラッパーたちが「見てくれはいいけど、音楽はイマイチ」とディスったり、バッシングのターゲットにもなっている。

 そんな中、先月11日に米大手ポルノ会社「ヴィヴィッド・エンターテインメント」が、イギーと元カレのセックステープを入手したと発表した。テープはイギーの元カレ、ヘフェ・ワインが売り込んだもので、撮影は合意の上で行い、リリースしてもよいという契約を結んだと主張しているという。イギーは、「そんなものは撮ってない」と否定したが、その後、「09年にヘフェがPCのデータを無断でコピーした。未公開の音源も含まれている」とヘフェに対して訴訟を起こした。セックステープもPCから盗まれた可能性が高いとみられており、「これはヘフェによるリベンジポルノ」だとイギーに同情が集まった。

 へフェは反論したが、セックステープ撮影時のイギーは18歳以下だった可能性があることから、「違法行為」だったのではという疑惑もかけられ、バッシングにさらされるハメに。しかし、彼はあきらめず、再びイギーに奇襲を仕掛けた。なんとテキサス州の裁判所に、イギーとの離婚を申請する書類を提出したのだ。

 米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」が10日に報じた内容によると、ヘフェは「08年9月から夫と妻として、テキサス州で生活を始めた」が「昨年から別居するようになった」として、事実婚関係を終わらせる離婚申請をテキサス州の裁判所に提出したとのこと。

 テキサス州は法的な婚姻手続きをしていなくても、結婚する意思を持ちながら生活を共にし、夫婦として振る舞っている場合、結婚と同等に認めるという制度がある。事実婚していた間に築いた財産は2人のものであるため、この離婚申請が受理されれば、ヘフェはイギーが稼いだ大金の半分を手に入れることができるという。

 イギーの代理人はこの報道に対して、「少女を食い物にするような関係を、事実婚関係にあったと主張するなど非常識も甚だしい。証明するものはなにもなく、事実婚はまったくのウソである」と主張。「ヘフェは、メディアを利用し、イギーに攻撃を加えることで注目され続けようとあがいている、泥棒男、犯罪者、逃亡者。本当に残念な男」と、ぶった斬った。

そのうち、しれっと豊胸しそうだな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク