Sexy Zone佐藤、キスマイ宮田、JUMP八乙女……プロデュース力に期待の若手ジャニーズ

20140101-sexyzone-01.jpg
メンバーが流動化するグループとなったSexy Zone。

【リアルサウンドより】

 KinKi Kidsの堂本剛が新作CDとオリジナルパンツをセットにした商品『PANTIES が だしたいんだ どしても』を、ジャニーズ・エンタテイメント公式Webサイト限定でリリース(発送は11月23日以降)することが発表され、話題を呼んでいる。

 同商品は、堂本剛自身がプロデュースとデザインを手がけており、付属のパンツのデザインは「花パン」と「泡パン」の2種類。CDには「FUNKがしたいんだ どしても」「HEIAN FUNK」「恋にも愛にも染まるような赤」「FUNKY PANTIES」の4曲を収録、彼ならではのユニークな発想が活かされた作品となっている。

 ジャニーズのメンバーには、ほかにもユニークなプロデュース力で注目を集める人材が少なくない。Jr.時代から裏方作業にも携わり、演出も自身で考案することが多い彼らは、舞台演出を得意とする滝沢秀明や、コンサート演出が評判の松本潤などのように、後にプロデューサーとしての手腕を発揮するケースもある。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク