[女性誌速攻レビュー]「ar」10月号

酔っ払いメイクを推す「ar」の“かわいいのひとりよがり”感

ar1410.jpg
「ar」2014年10月号(主婦と生活社)

 ビューティ&ファッション誌「ar」(主婦と生活社)10月号はファッション特集号。キャッチフレーズは、「可愛く生きることが何よりダイジ 可愛い服が何よりスキ(はぁと)」。そこまで言い切るなら、「ar」の考える「可愛く生きること」とは何か見せていただきましょうか。ってことで、まず開いたのは「ローラとニットの秋物語」という8ページの企画。

 「秋物語」と題しているだけあって、「お出かけするのダイスキ。でも、天気予報は雨…。(中略)今日は旅の本でも眺めて、旅行気分に浸ろうかな~」「楽しみにしてたシネマデート。ポップコーンBAGで驚かせちゃうつもり」といった、物語風の説明文が添えられています。ファッション誌のシチュエーションプレイは、まんま読者の理想のライフスタイルと言えます。「ar」ではどんなストーリーが展開するのかしら……と期待していたら、物語風な文章は前述の2つだけで、あとのページは単なる服の紹介に終始していました。2ページ以降当初のテーマを見失うって、あわてんぼうのおつかいか!

<トピック>
◎ローラとニットの秋物語
◎中村アンのすべて
◎小悪魔ムンムン顔を作りましょ!!!

■たくさんいすぎて区別つかない

 というわけで、雨後の筍状態のハーフモデルタレント界において別格的存在のローラを、よくわかんない企画で潔く無駄遣いした自由な「ar」ですが、一方で「中村アンのすべて」という企画も組んでいます。っていうか、アレ? 中村アンのWikiを見たら、「本名は、中村友子」「江東区深川出身」とありますが、「ハーフ」の文字はどこにもないじゃないですか。聞くところによると、ハーフに見えてハーフじゃないというのが、彼女の持ちネタらしいですね。“雨後の筍モデル”という認識しかなかったオバさんは知りませんでした。フーン。ま、どっちでもいいか。

 中村アン自身も“そういう存在である”という自覚があるのか、インタビューでこんなことを語っていました。

「もともと明るい色は好きなんだけど、正直、テレビでは目立つためにカラフルな衣装を選んでいたの。少しでも視聴者の目に留まるようにって」
「私の場合、これができなかったらもう次は呼ばれないよって言われたり、切羽詰まった状況の方がうまくいくんです」
「『めちゃくちゃ必死っぽい』なんて、グサッとくる言葉を言われたこともあるけど、でも実際に必死だからなぁって(笑)」
「人からどう見られているのかって急に不安になったり、“気にしぃ”な部分が出てきたりもするんだけど、そういう時は思いっきり落ち込んで泣いちゃう!」
「仕事が全然ない空虚な日々を経験したからこそ、今は毎日働きたいし、プライベートも充実させたい!」

「ar」にはギャルほど好きなものに強くなれないジレンマも感じる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク