[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

田中聖、新バンド「INKT」始動! 「ONE OK ROCKのコピー」「会費1万円!?」とファン騒然

20141001inkt.jpg
INKTオフィシャルブログより

 元KAT‐TUN・田中聖が1日、オリジナルバンド・INKT(インク)の結成と、オフィシャルサイト並びにファンクラブの発足を発表した。昨年9月のジャニーズ退所後、ホスト転身説が浮上するなど、話題には事欠かなかった田中だが、ついに本格的な音楽活動をスタートさせるようだ。

 INKTは田中がボーカルを務め、ギター、ベース、ドラム、キーボードの5人組バンド。メンバーのmACKAzとSASSYは、沖縄出身のロックバンド「HIGH and MIGHTY COLOR」の元メンバーのようだ。オフィシャルサイトではすでにファンクラブ入会の窓口、さらにはバンドのオフィシャルショップも開設されており、ステッカーやTシャツも販売されている。

「田中は9月末頃からTwitter上で『黄金方程式、解答まで1』と予告めいたツイートやカウントダウンを続け、ファンも期待を膨らませていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 26日には「周りには感謝と尊敬しかない 返し方が分からない 色んな人に色んな心配や迷惑をかけてきた 今もそう あの景色に俺は帰るから 約束するから 弾は込めた そろそろ引き金引かなきゃ」と、“再始動”をアピール。しかしファンの反応はというと……。

「YouTubeにアップされた楽曲『Trigger』を聞いたネットユーザーからは、Twitter上で『田中聖がワンオクみたいになってる』『ワンオクのコピーじゃん』などと、元NEWS・森内貴寛がボーカルを務めるONE OK ROCKにそっくりという意見が多く見られます。実は田中は、ジャニーズ事務所から独立当初、同じく“元ジャニーズ”の肩書ながら、現在大人気バンドに成長したワンオクのボーカル・Takaを目指していると周囲に明かしており、自らが経営していたカラオケバーで、同バンドの楽曲を歌っていたという情報もあります」(同)

 また、INKTのファンクラブは、年会費5,000円の一般会員のほかに、コンサートの最優先予約やメンバー直筆サイン入りフォトカードが特典につくプレミアム会員枠を設けているが、「年会費1万円という値段にファンからは『高すぎる』という指摘も。ジャニーズはどのグループのファンクラブも、一律4,000円(初年度は入会金含め5,000円)ですし、赤西仁のファンクラブも5,000円(初年度は入会金含め6,000円)なので、そう感じるファンがいても当然でしょう」(同)という。

 一部週刊誌で伝えられていた“ホスト転身”は、「舞台となっていた『クラブ愛本店』がお家騒動で揺れており、田中を引き抜こうとしたプロデューサーが店を離れてしまったことから破談になったようです」(週刊誌記者)ということで、現在の田中はバンド活動1本に打ち込むこととになりそうだ。

 2月にジャニーズから離れ、同じく今年ソロ活動をスタートした赤西と、ほぼ同時期に音楽活動スタートを宣言した田中。今年の芸能界は“元KAT-TUN”が旋風を巻き起こすこととなるか――。

「Trigger」は「銃の引き金」の意味です

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー