[ジャニーズ最新言行録]

「マルとはしてない」嵐・大野智、関ジャニ・丸山隆平には電話番号を教えないワケ

oono-sing-2.jpg
その笑顔でかわされたら許すよね~

 ほんわかした不思議な雰囲気と多くは語らないキャラクターから、プライベートが謎に包まれている嵐・大野智。グループ外の交流では、同じ釣り好きの共通点からNEWS・加藤シゲアキと釣りや飲みに出掛けるほか、昨年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)内で放送されたドラマ『今日の日はさようなら』で共演した、Hey!Say!JUMP・山田涼介とメールをしていると公言している一方、それらとは異なるなんとも不思議な関係性を築いているのが、飄々としたキャラクターが大野に通じる関ジャニ∞・丸山隆平だ。

 2人は2009年1月~3月に放送された、大野主演ドラマ『歌のおにいさん』(テレビ朝日系)で共演しており、大野が1980年生まれ、丸山が83年と生まれた年は違うものの、誕生日が11月26日という共通点も。互いにCDデビューする前からの付き合いがあったそうだが、意外にも大野は丸山の連絡先については「知らない」と明かしているのだ。

 昨年9月27日放送のラジオ番組『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ)では、リスナーからの「自分と誕生日が同じで『おぉ~』となった出会いありますか?」という質問のお便りを受け、丸山の名前を挙げていた大野。丸山とは、97~98年に京都で公演が行われていた『ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO』に出演していた際、誕生日が一緒であることが発覚し、話をするように。その後、互いにデビューしてからも特に親しい仲ではなかったそうだが、『歌のおにいさん』での共演がきっかけで連絡先を交換し、仲が深まったという。

 大野の誕生日に、マネジャーづてで丸山から“ちょっと良い物”が誕生日プレゼントとして送られてきたこともあり、それには「『いいじゃん! ウチらは! (同じ誕生日の)ウチら同士やんなくてもいいじゃん!』って、今度言ってやろうと思って」と愚痴っていた大野だが、最後には「結構ね、一緒にいて楽な人なんですよ。お互いになんかね、まったりしてね」と、大事な存在だとフォローしていた。

 そんな独特な距離感で交流が続いている2人だが、大野は先日9月24日放送の同ラジオ番組で「マルのね、連絡先は知らないです」と、告白。昨年12月放送のラジオでは使用していないガラケーを解約したと話していたが(既報)、

「携帯解約しちゃったんで。(丸山に)『連絡先、変えたでしょ~?』とか言われて。『変えた、変えた』で終わり」

と、なぜか楽しそうに笑う大野。この間のアルバムのジャケット撮影の現場では、過去に舞台で一緒になった人と再会し、あらためて連絡先を交換したそうだが、「マルとはしてないっスね~。誕生日に交換しようかと。誕生日一緒だから!」と“焦らし作戦”に出ている模様だ。

 とはいえ、翌日の同ラジオ番組では、今年の『24時間テレビ』でチャリティーランナーを務めたTOKIO・城島茂の走りを見て「泣いた」と振り返る中で、「城島君がダッシュしたときに、ワイプで抜かれてるマルの号泣見て、また泣いたんだ」と、微笑ましいトークを展開。自ら積極的に連絡先は教えないものの、付かず離れずの距離で丸山を見守っているようだ。

 果たして、今年11月26日の誕生日を過ぎた頃には、2人が連絡先を交換したという報告が出るだろうか? 大野&丸山の交流エピソードの続報に期待したい。

だってマルが一番好きなのニノなんだもーん

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク