あの窪塚洋介のイケイケ彼女も実践! ナイスバディを作る秘密のドリンクとは

pinky-aojiru.jpg
PINKYもこの青汁を愛飲だとか

 ダイエット→リバウンド→ダイエット→リバウンド→ダイエット……多くの女性は、このようなご経験をお持ちではないでしょうか。そしてこのサイクルを繰り返せば繰り返す程、痩せにくい体を作ってしまうという悪魔のループ。炭水化物や甘いものなどおいしいものは太るけど止められないし、ただでさえ仕事や家事に忙しいのに運動なんて続けられない。なら、いかに楽して痩せられるかを考えましょう。と、いうことで今回ご紹介するのは「すっきりフルーツ青汁」。なんだか究極の楽々ダイエットアイテムの予感です。

 今いろんなメディアで話題になっているという「すっきりフルーツ青汁」。青汁ってものすごく飲みにくいというイメージの方も多いと思いますが、この「すっきりフルーツ青汁」はとってもおいしく飲みやすいと評判なんだそう。その理由は、青汁特有のクセを最小限に抑え、さらにフルーツのエキスをたっぷり配合したこと。まるでフルーツジュースのような味だから、苦なく野菜不足を解消できるんです。それもあってか、発売と同時に話題となり購入者の10人に9人がリピート購入しているんだとか。

kuboduka02.jpg

 モニターの9割が効いたと実感しているという「すっきりフルーツ青汁」ですが、その秘密はたくさんのこだわりにありました。普段の食事からは十分な量を接種することが難しいといわれている酵素を80種類以上も凝縮。そして、胃散や熱で破壊されにくい2種類の乳酸菌が配合されていて、生きたままの乳酸菌が体内に届くこと。さらに、沢山の栄養素が詰まった国内産大麦若葉や、必須アミノ酸を含む北海道産の手摘みクマザサ、そしてポリフェノールの一種である「カルコン」を豊富に含む鹿児島産の明日葉、さらにフルーツ・野菜エキスが野菜不足を解消し、ダイエッターに適した体作りをサポートしてくれるんだとか。それだけでなく、コラーゲンやプラセンタ、セラミドまでたっぷり配合されていることなど、美容もがっちりサポートします。これなら、体を痛めつけるダイエットではなく、健康的なダイエットになりそうですね。

 飲み方もカンタンで、水で溶いて飲むだけという手軽さも人気の秘密。俳優・窪塚洋介の彼女であのナイスバディの持ち主・PINKYも愛飲しているんだとか。「飲み始めてからお腹まわりもすっきりして、ダイエット効果がすごい!」と、評価もお墨付きな様子。そのほかにも多くの芸能人やモデルが愛飲してるみたいです。
 
 今なら先着300人限定で、1カ月分3,480円の1箱が630円というモニターコースもあるんだとか。しかも効果が実感できなかったら、30日間全額返金保証がついているからとっても安心です。朝ごはんの替わりに取り入れてみたり、夕ごはんの前に飲んでみたりと、取り入れ方も自分次第! 無理なダイエットでつらい思いをするよりも、体の内側からきれいになって、楽々と痩せちゃいましょう!

すっきりフルーツ青汁

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー