メイクより印象を左右するのは「肌」!? 知っておきたい、シミと乾燥対策方法

rozepe-main.jpg

 夏も終わり、早くも朝晩が冷え込んできました。過ごしやすい季節ですが、気になるのは夏の紫外線を浴びまくった肌へのダメージ“日焼け・シミ・乾燥”ですよね。早くも「日焼けが戻らない」「シミができちゃった」「肌荒れが気になる」なんて声も聞こえてきます。どんなにばっちりメイクしても、肌がぼろぼろだと何の意味もないほど、女性にとって肌質の向上は大命題。でも毎日のお手入れに高額なブランド基礎化粧品を惜しみなく使うなんて無理だし、やっぱりここはコスパよく、赤ちゃん肌を手に入れたい! そんな欲張りさんに、いい化粧水がありました。それがこの「ロゼベ プラセンタ薬用美白化粧水」です。

 女性誌に次々と取り上げられ、楽天市場総合ランキングで1位も獲得したというこの商品は、とにかく高い品質と、1本(150ml)980円というあり得ない低価格が特徴。

 「ロゼベ プラセンタ薬用美白化粧水」は、安いだけでなく品質にもかなりこだわって作られているそう。どんな肌質の人でも安心して使えるように、天然由来の成分をギュギュッと詰め込んでいるんだとか。シミ・そばかすの防止、日焼け後のケアに適している美白有効成分は、安全基準が満たされた国産豚の胎盤から抽出した高級成分プラセンタ。さらに、ニキビ、肌荒れを落ち着かせる鎮静効果のあるアラントイン、そして天然の保湿成分・アロエエキスを主原料として作られ、その美容成分はなんと約96%! また、合成着色料やシリコン、石油系鉱物油など肌に負担になる成分は一切配合していないそう。まるで美容液そのもののようなハイスペックな品質ですね。

rozepe-01.jpg

 これだけの高品質にもかかわらず、980円という驚愕の安さなのは、工場から原材料を直接仕入れることで中間マージンを省き、パッケージに化粧箱を使わないことでコストカットしているから。この価格なら、顔だけでなく全身にバシャバシャ使ってもOKですよね。さらに、スプレーボトルに入れ替えて、外出先やオフィスで乾燥が気になるときにシュッとひと吹きするのも、乾燥防止にはばっちりです。

 バカ高い基礎化粧品を使うだけが美容ではありません。自分が無理なく続けて使える価格帯の良いアイテムを、たっぷり使ってケアする方が効果的だという意見もありますよね。さらに、成分的にも安心して使用できるアイテムなら、もはや言うことなし。この「ロゼベ プラセンタ薬用美白化粧水」はそんな女性の強い味方になってくれるアイテムです。

 今年の秋冬はたっぷりの化粧水を使った美白肌ケアで、ワンランク上の透通るような肌を目指してみませんか? 自分の肌に自信が持てることは、驚くほど気分を上げてくれ、きっと毎日を楽しくしてくれますよ。同シリーズ新発売の濃厚な美白美容液も合わせてどうぞ!

ロゼベ プラセンタ薬用美白化粧水

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと