『ダイアナ年代別プロポーションコンテスト』レポート

“自分のため”のキレイを認める――美容コンテストに咲く女たちの「キレイ!」の声

daiana01.jpg
横浜アリーナのステージには、20~60代の女性が並ぶ

 日曜の昼下がりにたまにテレビでやっている、美容会社のコンテストが筆者は大好きだ。汗と涙と根性の果てにつかんだ栄光に、甲子園を見たときのようなさわやかな感動を覚える。しかし、どの会社もそう頻繁にはコンテストを行えないだろうし、たかの友梨さんのところは労使問題でそれどころではないはずだ。そんな中、補整下着で有名な“プロポーションづくり”のダイアナが全国大会を開催すると聞き、会場の横浜アリーナに行って来た。

 『ダイアナ年代別ゴールデンプロポーションコンテスト』は全国のダイアナサロンのお客さんが対象で、地区大会を経て決勝大会を勝ち抜いた20代、30代、40代、50代、60代以上のファイナリストがそれぞれ20名ほど登壇する。くびれたプロポーションがよくわかる、胸元にダイアナと書かれたレオタードにハイヒール姿だ。マイクアピールのあと、各世代の準優勝者と優勝者を選び、全世代から各特別賞と、最後に1名のグランプリが選ばれる。

 横浜アリーナの客席は9割以上が女性。特に多かったのはアラフォーからアラフィフ世代の人生の先輩たちだ。彼女たちはファイナリストと同じダイアナサロンに通うお友達で、応援のために全国(北海道、沖縄のサロンの人もいた)から駆けつけるのだ。「○○ちゃん(ファイナリストの名前)」や「かわいい」などと書かれた横断幕が広げられ、手にはデコデコに盛られたウチワや、アイドルオタの人が指の間一本一本に挟むルミカのような物を持ち、応援に慣れているのがよくわかる。毎年恒例の女子校の文化祭のようだ。高校球児にとっての甲子園が、“ダイアナ女子”たちの横浜アリーナなのだ。

■“自分のため”のキレイを認め合う仲間

daiana02.jpg

 決め決めの応援グッズで固めた彼女らは、お友達のファイナリストが出ると、皆で黄色い声で「(せーのっ)○○ちゃーん!」と観客席から檄を飛ばす。ファイナリストにしてみたら、痩せてキレイになり、横浜アリーナの壇上に立てて、観客席からは地元の仲間たちが手作りの応援グッズでエールを飛ばしているのだ。感無量なことだろう。

 マイクアピールはさすがに年の功で、とにかく「60代以上の部」が聞かせまくっていた。ある先輩は「お迎えが来るまで、これからもよろしくお願いします」とシルバー世代の鉄板・お迎えギャグで会場を沸かせ、また別の先輩は、「今まで杖がなくては歩けなかったのに、(ダイアナで体質改善が進み)今日は杖がなくステージを歩けます」と淡々とした、でもうれしそうに話し、会場は雨のような拍手に包まれていた。この一体感はテレビでは味わえない、ライブならではの醍醐味だろう。

モテのためではない美容だってある

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー