復帰するする詐欺は勘弁!

矢口真里、不倫イジリ&梅田賢三との破局を拒否!? 10月復帰報道の“エゴ丸出し”舞台裏

yaguchimari01.jpg
ドラムロールももう聞こえないね……

 30日付「日刊スポーツ」が、矢口真里の芸能界復帰がいよいよ近づいていると報じた。昨年10月の活動休止宣言から1年が過ぎようとしているが、ついに具体的な復帰情報が、スポーツ紙で報じられることとなった。

「矢口が公の場から姿を消している間、女性週刊誌に激太りの二重あご写真を撮られたり、離婚の原因となった不倫相手・梅田賢三との交際続行情報など、さまざまな報道がありましたが、近頃は年内復帰プランもささやかれていました。そして今回、日刊スポーツでは、時期は『早ければ10月末?』としながらも、すでに矢口は事務所関係者と復帰についての話し合いを本格的に進めており、またテレビ各局の関係者とも打ち合わせしているとしています」(芸能ライター)

 また復帰時には、矢口に騒動に関する謝罪をさせるよう調整中というが、ネット上では復帰に関して、常に否定的な意見が飛び交っていた。8月末には、矢口復帰の支持者といわれるナインティナイン・岡村隆史の協力もあり、フジテレビオンデマンド『めちゃ×2ユルんでるッ!』で、肉声は放送されないながらも電話出演したことが話題に。しかしネットユーザーからは「いまさら需要ない」という声が飛び交った。

 そして今回の復帰報道も同様に、「ずっと逃げ回っていたのに、都合よすぎだろ」「芸能界って、そんなに甘くないでしょ?」「むしろこのままこのまま引退してほしい」と、やはり世間は必ずしも矢口の復帰を求めていないようだ。

「さらに今後問題視されそうなのが、10月7日号『週刊女性』(主婦と生活社)で報じられた、復帰に関する“条件”。矢口所属のアップフロント側は、『梅田との関係を断つこと』と提示したそうですが、矢口はそれを拒否し、『梅田が定職に就く』ことを条件に、交際は続行となったとか。それも影響してか、当初矢口は、不倫ネタをバラエティなどで面白おかしくイジられたくないと主張していたそうですが、その点に関しては、多少であればOKと姿勢をあらためたそうです」(同)

 こうしてワガママを押し通す形で、結局みそぎさえ済ませられなかった矢口だが、果たして再び芸能界の第一線で活躍できるのだろうか。

元祖知ったか女・佐藤藍子の復帰も希望

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク