視聴率女王のこれから

上戸彩、『昼顔』で有終の美を飾り妊活突入!? 「妊娠発表解禁日」もすでに決定のうわさ

ayatoue.jpg
『上戸彩 20・25』(角川マーケティング)

 最終回視聴率16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、また平均も13.9%と、今期では『HERO』(フジテレビ系)に続く高視聴率を記録した上戸彩主演ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(同)。上戸は高校教師役の斎藤工と、また吉瀬美智子は北村一輝とそれぞれ不倫を繰り広げるという、昼ドラさながらのドロドロとした愛憎劇だったが、回を重ねるごとに注目度が上昇。まさに有終の美を飾ったが、作品の好評価の裏側で、上戸には私生活でも大きな変化が訪れそうだという。

「かねてから伝えられていますが、上戸の夢は30歳での出産で、EXILE・HIROと2012年9月に入籍した当初から、所属事務所に対して子作りを希望していたといわれています。しかし結婚後も、映画『テルマエ・ロマエ2』、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)と仕事のペースを落とす様子もなく、事務所からどうしても子作り許可が降りないと伝えられていたほど。しかし『昼顔』終了後のスケジュールはというとスカスカ状態で、いよいよ本格的に妊活をするのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 また昨年頃から、剛力彩芽や武井咲といった上戸と同事務所の若手が“ゴリ押し”といわれるほどの露出を続けていたことからも、「やはり上戸が家庭に入る準備が整ってきた」(週刊誌記者)という声も。

「近頃では、多くの芸能人が出産のために利用した都内の有名総合病院に、上戸が頻繁に姿を見せているという情報もあります。一部週刊誌では『自然妊娠を目指そうとHIROと話していた』という情報も掲載されていましたが、すでに医師による相談やケアを受けているのかもしれません」(同)

 また上戸には、仕事の都合上、すでに妊娠発表に関する“解禁日時”も存在しているという。

「実は妊娠の発表に関しては、スポンサーの都合から年内は難しいといわれています。今から妊活に励むとすれば、年明けとともに妊娠3カ月と発表することが可能というわけです。とはいえ、子どもは授かりものであるにもかかわらず、こうして妊娠時期まで細かく決められてしまうのは、ストレスになってしまわないかと不安視されますが、それほど彼女が売れっ子であるということなのでしょうね」(同)

 結婚発表当時、マスコミ向けに宛てたFAXで「12歳で芸能界に入った私は、プライベートが何なのか、ありのままの自分がどんな自分なのかわからないくらいにずっと日々の忙しさに戸惑いながら生きてきたような気がします」とつづっていた上戸だが、しばらくは落ち着いた日々を送ることができそうだ。

芸能界の母・ピン子がしゃしゃり出てくる予感……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー