大手プロ退社の恐怖物語

松田翔太、研音退社で「江角マキコと同じ轍踏む」!? ドラマ出演絶望的の現在地

2014shotamatsuda.jpg
松田翔太公式プロフィールより

 長嶋一茂宅への落書き騒動でいまだ渦中にいる江角マキコだが、同時期に元所属事務所であった「研音」を離れていた松田翔太が、同じく業界から干されつつあるという。25日発売の「週刊新潮」(新潮社)によれば、現在は母の松田美由紀が代表取締役を務める「オフィス作」所属となった松田だが、研音を離れた理由は“問題行動”が原因なのだという。

「松田は今年2月、突然研音のホームページ上で退社を発表しました。そこでは『円満退社』を強調していたものの、実際には研音から現場での態度を問題視されてしまい、追い出されるような形での移籍となったそうです。なんでも昨年の月9ドラマ『海の上の診療所』(フジテレビ系)の収録現場で、突然『俺はこんな役やりたくねぇ』と言い出し、現場の雰囲気をぶち壊しにしてしまったという証言も」(芸能ライター)

 また、ある研音の関係者は「松田はもともと研音のカラーとはまったく違っており、移籍は時間の問題だった」と話しているだけに、この移籍はある意味では規定ルートだったようだ。

「問題なのは、松田に今後オファーがくるのかという部分。福士蒼汰や川口春奈など、特に地上波ドラマでは絶対的な主導権を持つ研音なので、移籍にともなって彼らと共演NGとなった現在は『テレビから干される』に等しい。実際に今年の松田は、CM出演を除けば単発ドラマ1本、映画1本の出演しか仕事がありませんでした」(同)

 そしてそんな松田と、ほぼ時を同じくして研音を離れたのが江角だった。一説には松田の研音所属には江角が一枚噛んでいたことから、タイミングを合わせての退社という情報もあったが、これは単なる偶然に過ぎなかったという。

「双方ともに言えるのは、大手プロを離れた後の芸能活動は、想像以上に難しいということ。特に江角の事件に関しては、もはや研音関係者が自ら『別にどう書いてくれても構わない』と各メディアのネガティブ記事にゴーサインを出している有り様で、何かあれば松田もこうした措置が取られても不思議ではありません」(芸能プロ関係者)

 今回の移籍で、兄で俳優の龍平と同事務所所属となり、元より志していた役者性の高い仕事へ打ち込めるとみられていた松田だったが、その前途はいよいよ多難のようだ。

『もう迷わない生活』っていうエッセイ名が味わい深い

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク