芸能人占い

市川海老蔵、芸能界イチの“モテ男”はなぜ家庭に身を捧げるようになったのか

ebizo_boukoukaiken1226.jpg

――芸能界という、普通とは異なる世界に身を置く人々は人には話せない悩みが多いという。そんな芸能人のお悩みを様々な鑑定方法で勝手に占い、解決に導いて差し上げます。今回の芸能人は、このお方。

市川海老蔵
1977年12月6日
「市川海老蔵の家庭運と仕事運」

 頻繁に更新するブログが人気を集めている歌舞伎役者・市川海老蔵さん。2010年に当時人気女子アナだった小林麻央さんと結婚し、翌年には娘も誕生。現在は2児のパパです。しかし、過去の六本木暴行事件や酒の席での素行のウワサによる悪印象が強く、いわゆる“イクメン”“良き父親”というイメージは薄いようです。結婚前には、米倉涼子や佐藤江梨子と交際するなど女関係も派手で、常に恋愛ネタをマスコミに騒がれていました。結婚して4年がたちますが、今のところ女ネタは出ていません。家庭に納まるタイプには見えない海老蔵さんですが、このまま家族に身を捧げるのでしょうか? また、映画にドラマにと歌舞伎だけに留まらない活躍を見せていますが、今後も順調に仕事を続けていくのでしょうか?

――はじめまして。市川海老蔵さんを西洋占星術とスピリチュアルタロットで鑑定しました。デスティニーの鑑定士・浅倉ヒサシです。

■海老蔵さんの基本性質
 海老蔵さんは大変知的で、新しいことへの興味・知識欲に大変旺盛な方です。“日々是勉強”のような、学ぶことで自分の人生を高めていくことを大きな目標にして人生を生きていくようです。名誉や地位という部分に流されず、自分の興味がそそられる方向にエネルギーを注いでいくでしょう。ともすれば、伝統や格式という部分に抵抗感を覚えることもあるため、若い頃は歌舞伎の名門に生まれたことに対して、自分の存在意義や仕事へ疑問を持たれていたのではないでしょうか。それでも、現在、歌舞伎を根幹として活動されているのは、家系的な運命というよりも、いろいろな芸能活動を経たことで、伝統の奥深さやおもしろさを歌舞伎に感じられたからでは。

 エネルギッシュで軽いフットワークでいろんなことに挑戦していくため、向こう見ずに思われがちですが、内面では常に周囲との調和やバランスをしっかり見ているように感じます。考え方が上品で洗練されていますが、これは先天的に上流志向を持たれているのでしょう。

 ただ、自己表現や愛情表現が苦手な部分があるようです。自分の良さをアピールするのが苦手で、仲間や家族を大切に思っていてもなかなか伝えることができず、意見のすれ違いなども手伝ってもどかしさを感じることが多そうです。とはいえ、そのような不器用な部分がかえって独特な魅力にもなっているようです。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと