SMAP『Mr.S』はなぜ1996年を想起させるのかーー森脱退がグループに残した刻印

20131205-smap.jpg
クラブ・ミュージック的な発想が日本のポップスに流れ込んできた時代の象徴となったSMAP。

【リアルサウンドより】

 前回記事の最後に、SMAPの新作『Mr.S』は90年代的である、という印象を書いた。この印象は筆者にとって、妙に感慨深いものとして残っている。もちろん、「90年代」と言ってもさまざまな切り取りかたがあるので、ここで言う「90年代」も一側面に過ぎないことは強調しておくが、そのうえで「SMAPと90年代」について書きたい。(参考:SMAPの新作は“実力派ミュージシャンの戦場”? 川谷絵音(ゲス乙女)、SALUなどの起用曲を分析

 90年代と言えば、世界的にクラブ・ミュージックが台頭した時代だったと言えるが、それは日本のポップス・シーンも例外ではない。もっとも、日本のポップスにおけるクラブ・ミュージックの影響は、80年代を通じて色濃くなっていく印象があるのだが、とくに90年代は、打ち込みのサウンドも一般的になり、中盤になる頃には、ハウスやテクノ、ヒップホップのヒット曲も出てくる。例えば小室哲哉のような存在は、このような時代に強い存在感を示した。一方、クラブ・ミュージックの影響をもう少し違ったかたちで表現した存在として、ピチカート・ファイヴや小沢健二などといった、いわゆる渋谷系の面々もいた。クラブ・カルチャーと密接な関係を持った彼らは、先行する音楽を引用・変奏しながら新しい音楽を生み出していた。このように90年代とは、クラブ・ミュージック的な発想が日本のポップスに流れ込んできた時代だった。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  4. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  5. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  6. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  7. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  8. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  9. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  10. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  11. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  12. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  13. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  14. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. “○○が面倒くさい”芸能人
  18. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  19. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  20. 月9イケメン俳優3人の業界評は?

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  3. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!