[ジャニーズ最新言行録]

国分太一、TOKIO“乱入”の『24時間』マラソン裏側告白! 「5人だけの空気みたいな」

kokubunntaichi.jpg
腹黒といわれる国分さんも思わず改心

 9月21日にCDデビュー20周年を迎えたTOKIO。先月は『24時間テレビ37 愛は地球を救う』(日本テレビ系、8月30~31日に放送)で、マラソンランナー務めたリーダー・城島茂が見事に101キロを完走し、お茶の間に感動を与えたばかりだが、国分太一が同番組の裏側をラジオ番組『国分太一Radio Box』(JFN系、9月19日放送)で語った。

 マラソンスタート直後には、いきなり走行ルートを間違えるというハプニングを起こしながらも、放送時間内にゴールした城島。ゴール間際にはTOKIOの4人が合流して城島と並走し、ファンならずとも視聴者の胸を熱くした。そんな同番組について、リスナーからのお便りを受けて話を切り出した国分は「感動しましたね。俺ね、初めてかな? リーダーを尊敬したの」と、ぶっちゃけた。というのも、国分は「101キロを走る」ことに関して尊敬しているのではなく、城島が休憩ポイントなどで話を振られる度に「タクシーにいま乗ってきました」「MKタクシー呼んでよ」といった冗談を飛ばしたところに、尊敬の気持ちを抱いたのだという。

「俺だったら、絶対泣いちゃうと思うの。ゴールしたら。僕、そういう自分が嫌いなのよ。(中略)そんなことよりも、ゴールしても一笑いじゃないけど、なにかちょっと(周りが)温かくなるようなことを言うってところが、男の格好良さだなと思って」

 と、あらためてリーダーの周囲への“気遣い”に感心した様子の国分。家に帰るときに「リーダーお疲れ様。あなたのこと、ホント尊敬したわ」とメールしたそうだが、この城島の「タクシー」連呼について国分は、オープニングでスターターとしてメンバーが登場した際、「もういいよ、タクシー乗っちゃいなよ」と言っていたこともあり、「あのコメントが心に残ってたのかなと思って。ずっと『タクシー』『タクシー』言ってるわ、と思って」と、冷静に見ていたことを告白。しかしゴールした瞬間については、

「リーダーのところに走って行ったときって、なんとも言えない空気になったよね。声援はすごい聞こえるのよ。(中略)なんかでも、どこか聞こえてない感じもするっていうか、“5人だけの空気”みたいのもあったし。まぁ、もともと『ゴールはリーダーだけにしよう』って話はしていて」

と話し、本番終了後の楽屋では城島に「なんでゴール一緒にせぇへんかったの?」と言われたことを明かしたが、同ラジオではその詳細については語られなかった。そして最後には、ゴールが放送時間に間に合わないと知り、ラストスパートでペースをあげた城島に「もう芸人魂じゃん、あれって」「リーダーは本当の芸人だと思います。ジャニーズの芸人だと思います」と、独自の言葉で褒め称えていた。

 一方、9月7日に新潟で行われたコンサート『TOKIO 20th Anniversary Live Tour HEART』のMCでも、メンバーは『24時間』の話に言及していたという。ファンの書き込みによると、TOKIOが“乱入”した際に警備員に制止されたのは『ザ!鉄腕!DASH!!』(同)のプロデューサーが警備員にTOKIOの登場を伝え忘れていたことが原因だったとか。また、道を間違えたことによるものなのか、山口達也は『DASH』スタッフから聞いた話として、城島の走行距離は「実は104キロ走ってたらしい」と、明かしていたという。

 公式携帯サイト・Johnny’s webの国分・山口の連載によると、デビュー日の9月21日は5人一緒の仕事だったそうで、国分はスタッフから贈られたお祝いのケーキの写真をアップし、山口は友人からもらったという5人の記念フィギュアの写真を載せている。日テレ系では9月21~28日までメンバーと同局の番組がコラボレーションする「TOKIOスペシャルDAYS」という特別企画も実施されるなど、しばらくTOKIOフィーバーは止みそうにない。

日テレの最強コンテンツ・TOKIO

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!