ネット民の同情が攻撃へ変化

売春嫌疑で人種差別を訴えていた黒人女優、実はカーセックスをしてた!

DanieleWatts01.jpg
とりあえずティッシュは自分で片付けようよ!

 2年前、鬼才クエンティン・タランティーノ監督・脚本の西部劇映画『ジャンゴ 繋がれざる者』に出演し、知名度を上げた演技派黒人女優のダニエル・ワッツ。黒人奴隷として虐げられていた主人公ジャンゴが人種差別をする横暴な白人を片っ端から撃ちまくるという復讐劇で、ダニエルはチャーミングでセクシーな黒人奴隷ココ役を演じ、これが当たり役となった。映画だけでなく、『Weeds ママの秘密』などの人気テレビドラマにも出演しており、今年の夏から米FX局でスタートした新作コメディ『Partners』にも重要な役どころで出演。アメリカのお茶の間では、かなり知られた顔である。

 そんな彼女が11日、Facebookに、警官に「なにも悪いことをしていないのに」「アタシが黒人だから」と不当に手錠をかけられ、拘束されたと投稿。「公共の場で、服を着用したまま愛情表現をしていたことは違法行為じゃないと主張したところ、警官に手錠をかけられ拘束されました」「警官が来たとき、アタシはパパと携帯で話していて。悪いことなんてしてなかったから、そのまま立ち去ったの。でも、別の警官が2人やってきて無理やり手錠をかけたのよ!」と不当な拘束を匂わせる文章をつづった。

 大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」は、この件の取材を開始。ダニエルはカリフォルニア州にあるCBSスタジオのすぐ外で手錠をかけられたこと、監督と打ち合わせをするためスタジオを訪れた後の午後2時頃に起こったことだと14日に報道した。ダニエルの恋人でセレブ向けシェフであるブライアン・ルーカスの、「近くのアパートに住んでいる人が、オレたちがいちゃついているのを見て警察に通報したんだよ」「警察は最初からオレたちを変な目で見ていたね。タトゥー入れた白人男性とホットなボディの小さな黒人女子、こりゃ売春婦と客だってふうにね」という証言を紹介した。

 ブライアンいわく、通報を受けて駆けつけた警官から身分証明書の提示を求められたとき、彼は出したものの、ダニエルは拒否。気持ちを落ち着かせようとしたのか、少し離れた場所に歩いて行った。すると警官は彼女を追いかけ、手錠をかけた上でパトカーに押し込み、“いちゃついていた”現場まで連れ戻したとのこと。きつく手錠をかけられたダニエルは手首を切って流血したとのことで、「TMZ」は、ブライアンが撮影したダニエルが手錠をかけられパニックになり、涙を流す動画やケガの写真を掲載した。

 ブライアンは弁護士を雇い、ロサンゼルス市警察を告訴する準備を進めていると息巻いていたが、警察側は不当なことも人種差別的なこともしていないと説明。「TMZ」の取材に対して、付近の住民から「車のドアを開けて、車内で猥褻行為をしている男女がいる」との通報を受けたという情報を公開し、犯罪行為があったか確認できなかったので逮捕はしなかったと明かした。この件について、ネット上では「また警察による黒人への人種差別か!」と警察に対する非難の声が殺到した。

 しかし翌日、この騒ぎは早くも収束に向けて進みだすことに。15日、「TMZ」は警官とダニエルの会話を録音したテープを入手し、公開。落ち着いた口調で、「裸になって猥褻な行為をしているという通報を受けた」と説明しながら身分証明書の提示を求める警官に対して、ダニエルが、「嫌よ! アタシが黒人だからでしょ! アタシ、女優なのよ! 広報に命じて人種差別されたって大騒ぎするわよ!」とまくし立てる声が収められており、ネット上でも「これはさすがにちょっと……」「彼女が1人で人種差別と騒いでるだけ」という声が広まるように。

村西監督が近くにいたら「撮影か!」で済む話

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク