目をつけられた相手がヤバかった!

ローラ、「整形疑惑」「パクリCM廃止せよ」! 有名人から謎の猛バッシングの危うい現在地

rola_cd.jpg
「Memories」/ユニバーサル インターナショナル

 『クイズ30~団結せよ!~』(フジテレビ系)が今月14日に最終回を迎え、レギュラー番組が完全に消滅してしまったローラだが、なぜかこのタイミングで、有名人から謎のバッシング被害に遭っている。詐欺容疑で国際手配されていた父親のジュリップ・エイエスエイ・アル氏が逮捕され、8月には処分保留で釈放されたことは記憶に新しいが、さらなる“二次災害”に見舞われてしまったようだ。

 ローラを痛烈に批判している1人が、石原真理。15日、自身のブログで「私の真似をしている整形キツネの芸名ローラが化粧品のCMに本性を隠して出ているのが、私の写真を意図として真似て故意に現しているそのCMが意地汚いです」とつづり、また以前にも「ローラのCMや番組、『地方での再放送も含めて』全て廃止、を手配願います」「早く犯罪者娘通称ローラの番組打ち切りの記事を掲載しなさい」と糾弾。また「ローラの正体」とされる写真を、公開する準備があるとの“予告”もつづっている。

 そして投資家のやまもといちろう氏も、この石原の書き込みを引用しつつ、「大きく面相が変貌し、面影以外は総取替えのような状態になっています」とローラの写真を掲載し、“整形疑惑“の考察を展開している。

「石原は8月、明石家さんまに対して『長期間に渡る大迷惑な名誉毀損と人権侵害』として、30年ほど前に自身を『プッツン女優』と呼んだことについて謝罪を要求したことも話題になっていました。ネット上では、『確かに父親は逮捕されたけど、なぜいきなり?』と戸惑い気味の意見が多くを占めているほか、目をつけられてしまったローラへの同情の声も散見されます」(芸能ライター)

 やまもと氏が指摘した整形疑惑については、「『豊胸もしていると思う』といった声から、『整形していても成功しているし、別にいいんじゃない』といった声まで、賛否両論ですね」(同)という。

「ジュリップ氏の一件では、世論は『ローラは悪くない』というムードで、CMやテレビ出演にはそれほど影響は出ていませんでした。確かにジュリップ氏が釈放された際には、カメラに向かってOKポーズを取ったことについて、逃走していたにもかかわらず調子に乗りすぎだとバッシングが起こっていたものですが、それにしても、いきなりローラ批判が大々的に展開されるのは、不可思議としか言いようがありません」(同)

 ローラの周辺で一体なにが起ころうとしているのだろうか。

ローラ、石原真理が江角を見つけるまでの辛抱よ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー