映画『マザー』楳図かずお監督インタビュー

楳図かずお、映画『マザー』で描く“絶対的な母親”の存在と“女性”に込める意味

umezu-main.jpg

 漫画界の巨匠、楳図かずおが監督デビューを果たした恐怖映画『マザー』が9月27日公開されます。『おろち』『洗礼』(ともに小学館)などおどろおどろしい世界を漫画で表現してきた楳図監督ですが、さて映画ではどのような世界を見せてくれるか? テーマは、映画のタイトルそのものズバリ“母親”です。女性をテーマにした漫画を描き続けてきた楳図監督にとっての「女性」とは、そして初めての映画作りについて語っていただきました。

――初監督作の『マザー』楽しませていただきました。内容は怖いのに、見終わったあと、不思議と楽しかった! と思える映画ですね。

楳図かずお監督(以下、楳図) ありがとうございます! よかった~、そう言っていただけるのが一番うれしいです。見終わって暗い気持ちになったりしたらイヤだし、ホラーだからって汚いと思われるのもイヤで。怖いけど楽しい映画にするのが狙いだったのです。観客のみなさんには、見終ってスッキリと映画館を出てほしいと思って作りました。

――78歳で映画監督デビューされたわけですが、映画を撮ろうと思った経緯を聞かせてください。

楳図 以前から「映画を作りませんか?」という話はあったのですが、なかなか実現に至らなかったんですね。ただ、映画作りの依頼がたびたびあったことで、僕の中では映画を作る準備はできていたんです。今回は以前から知っているプロデューサーの方から、けっこう急に話が来たのですが、前からやるつもりでいたので心の準備はできていましたし、やっと実現したという感じです。

――この映画は監督の自伝的要素もありますよね。ご自身の分身ともいえる主役に片岡愛之助さんをキャスティングした理由は?

楳図 役者さんを誰にしようかという話が出たとき、スタッフから片岡愛之助さんの名前が出たのです。ノホホンとした雰囲気が僕に似ているし(笑)。周囲の人がいいと言っているのだからきっと大丈夫だと思いまして。でもまさか歌舞伎の役者さんにお願いすることになるとは想像していませんでした(笑)。

――監督として、愛之助さんにはどのような演出をされたのですか?

楳図 愛之助さんは役作りに少し悩まれていたようなのですが、僕は「愛之助さんの楳図かずおを演じてください」と言いました。これはドキュメンタリーではなくフィクションなので、楳図かずお本人に近づける必要はなく、愛之助さんの考えるままの楳図かずおでいいので、あまり細かく考えなくていいですよ、とお伝えしました。あと、主人公は何が起こるかわからないわけですから、最初は力まず平常心で、中盤からアクションやサスペンスといった展開になりますとも言いましたね。

――映画『マザー』は母親と息子の物語ですが、母親との関係性をテーマにしたのは?

楳図 僕は自分の上に母親ありき、自分の下に母親はあり得ないのです。僕の基本は母にあるので、この映画は僕が主人公である以上、その設定は動かせない、欠かせないと思ったのです。もともと漫画とか映画とか関係なく、母が出てきちゃうんですよ。イヤでも出てきちゃう、避けることができないのです。あえて、母の存在を消して“母はいません”という設定にしても映画はおもしろくなったかもしれないけど、自伝的な映画なので、やはり僕の人生を描くとき、母を欠くことはできませんでした。

女の心はおもしろいでしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク