セレブ実践の「ドライブラッシング」とは? 女芸能人も注目するセルライトケア事情

nokoa-miranda.jpg

 めっきり涼しくなって秋到来というシーズン。夏場に気になったセルライトや部分痩せをどうにかしようと、スポーツの秋を始めようとしている最中、耳よりな情報が。女性誌で紹介されたり、芸能人が使用していることから注目を集めているというボディクリームをご存じですか? なんでも体のラインをスッキリさせてくれる上、過去にできてしまった肉割れ線や妊娠線も薄くなるという、次世代クリームなんだとか。セルライトやたるみをケアするクリームはこれまでもありましたが、出産後やダイエット後まで使えるアイテムは新しいですね。

 話題になっているのは、今年4月に発売されたばかりの「NOCOR (ノコア アフターボディトーリートメントクリーム)」。人間の再生力や回復力に注目してつくられた機能性ナチュラルケアブランドなんだそう。このアイテムは、最新型のビタミンC誘導体がベース成分となっていて、その効果は、通常のビタミンC誘導体の200倍の供給力なんだとか。肌の奥にできてしまった傷や、脂肪を分解して再生を促すから、セルライトやたるみもケアしてくれるそう。また、“BODY3COMPLEX”という妊娠線やセルライトに働きかける新成分も配合され、まさに次世代クリームといったところ。ウェブサイトのみの販売にもかかわらず何度も完売するほどの人気らしいです。

 また、「NOCOR (ノコア アフターボディトーリートメントクリーム)」の能力を存分に感じるには、ボデイブラシでのマッサージがオススメなんだとか。海外セレブのミランダ・カーやジェニファー・アニンストンが行っているとして有名になった“ドライブラッシング”を取り入れると、より一層セルライトへアプローチできるんだそう。そもそも“ドライブラッシング”とは、何も塗っていない乾いた肌を専用のブラシでブラッシングすること。リンパの流れが改善されむくみが取れ、不要な角質も落ちて肌のターンオーバーが促されるといわれています。「NOCOR (ノコア)」を塗る前にドライブラッシングでお肌の角質を落としてめぐりをよくすることで、入浴後の「NOCOR (ノコア)」がより一層セルライトへアプローチするんだそう。ドライブラシ→お風呂→オイルマッサージ→「NOCOR (ノコア)」というのが一番効果的な手順とのこと。

 また、香りに高級精油のネロリを採用しているから、アロマ効果で精神的にリラックスしながらマッサージタイムを過ごせますね。品質も安心の日本産で、妊婦や子どもでも心配せずに使えると、使用者から絶賛の声が上がっているんだとか。いまなら、「NOCOR (ノコア アフターボディトーリートメントクリーム)」を注文するとドライブラッシング専用のブラシがセットになってるから、マッサージタイムのお供に投入してみてはいかがですか?

「NOCOR (ノコア アフターボディトーリートメントクリーム)」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに